1884.05.15(Thu)

 午前10時というに、エミル・バスティアンがムッシュ・エエアムと一緒に来る。
 これはおかしいでしょう? そんなことはありそうにも思えない。私は芸術家で才能を持っている。これはまじめな問題である。それでムッシュ・エエアムのような人が私のところへ来て、私のしていることに興味を持っている。これはありそうなことだろうか?
 エミル・バスティアンはたいそう喜んでいる。彼はこの間私に言った。
「これはなんだか私のことのような気がします。」その善良な子供さんは非常に不幸である。私には、彼の兄もそれ以上に幸福になれようとは思えない。……
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-08-11 13:59 | 1884(25歳)

1884.05.12(Mon)

 氷のような天気の後でこの3日は列氏28度から29度くらいである。
 おしつけられるようだ。私は好事家の訪問を当てに、庭で小娘の習作を仕上げた。
 私たちはイタリアン(オペラ)の階段で、エクトに出会ったことを言うのを忘れていた。彼は私の絵に熱している。
 どうでも良い。まだそんなことでは足りない。しかしバスティアン・ルパージュが祖父の肖像を出したときでも、これ以上ではなかった。もちろん、しかしそれはどうでも良い。……ああ、私はやがて死なねばならぬのだから、ぜひ……
 人の言うところを聞くと、バスティアン・ルパージュは胃にがんがあると信じられる。それでは彼はだめなのか? 多分そんなことを言う人たちの思い違いであろう。かわいそうな子供は眠れない。おかしなことだ! そうして彼の門番は多分上々の健康を享楽しているだろう。おかしなことだ!
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-08-11 13:57 | 1884(25歳)

1884.05.09(Fri)

 私はゾラを読んで、ゾラに感心する。彼の批評や研究は全く驚嘆すべきものである。だから私は狂せんばかりに思慕している。あのような人物に気に入られるためには、人は何でもするかも知れない! そう言えば、あなた方は、私がすべての人のような恋が出来るものと信じてしまう。ああ! 主よ。
 さて、バスティアン・ルパージュはと言うに、私は彼をば、自分がかつて見たこともないゾラを愛するがごとくに愛している。後者は44歳で、肥満していて、妻もある。社交界の男、そうした結婚している男子というものは、恐ろしくばかげたものではないか、否か? を私はあなた方に尋ねます。私がどうしてそうした一人の紳士と一日中口を利いていられるでしょう?
 エミル・バスティアンがここで晩餐を共にした。そうして好事家としてかなり知られているムッシュ・エエアムと共に木曜の午前に訪問すると私に告げた。
 彼はドラクロワのもの、コローのもの、バスティアン・ルパージュのものなどを持っている。そうして彼は未来の大画家を発見するの特技を持っている。
 バスティアン・ルパージュの祖父の肖像が展覧会に出品された翌日、エエアムはバスティアン・ルパージュのアトリエを訪れて、彼に自分の父親の肖像画を注文した。彼は驚くべき嗅神経を持っていると見える。エミル・バスティアンは、今日私の絵の前で彼と落ち合った。
 ──あなたはこれをどうお思いですか?
 ──非常に良いと思います。あなたはこの画家をご存じですか? 若いご婦人ですか? 等、等。
 このエエアムは去年から私の後を追っている。その去年においては彼はパステル画を注目し、今年は絵を。……
 手短に言えば、彼らは木曜日に来るだろう。彼は私から何か買いたいと望んでいる。
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-08-11 13:55 | 1884(25歳)

1884.05.08(Thu)

 家で少し仕事をする。
 ヴォルフが私の絵について何にも言わないのはどうしたのだろう? 彼は見なかったのだ。そう言えば、それもありそうなことだ。17号室を見るときに、彼はぼんやりしていたのかもしれない。私があの名士の注意に値しないというのではない。なぜと言って彼は私ほどには……誰も他の人たちのことを気にもかけてはいないから。……
 では? それは第3という番号と同様に不運なのだ? 私は自分に対する不運などは信じない。それはあまりにおざなりで、ばかばかしい。私は自分の価値の薄いことを信ずる。
 そうだとすれば驚くべきことであるが、それが真実なのだ。
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-08-11 13:49 | 1884(25歳)

1884.05.07(Wed)

 私はサロンの絵と、それからもし私がそれを時宜に適しているものと思うなら、そのほかの様々な絵とを、板刻して発表したいという要求の手紙を、ヂュセルドルフから受け取った。それは面白かろう。しかし私は、あなたもご承知の通り、これを偶然の出来事とは思っていない。要するに、そうだ、これは成功である。皆がそうと私に確言している。去年は誰もこのようなことを言わなかった。去年はパステル画に対して、芸術家としてのほんの小さな成功があった。しかし今年は……ただ、それが雷鳥のごとき勢いでない。否。そうしてもし今晩客間に集まっている人たちの中で私の名前を呼び捨てる者があっても、一座がどよめき渡るというような結果は生じないであろう。少なくともその客間に画家たちがいっぱいいるのでなければ。一つの……成功が……私の胸にまで響いてきて私を幸福にするためには、そうあることが必要である。
 そうだ。私の名前が口にされると、大勢の会話がはたと止んで、皆の頭がその方へ振り返るようでなければならぬ。
 サロンが開場されて以来、私の絵について語っていない新聞紙は一つもない。そうだ。けれども、それだけではまだである! 今朝「パリ・デタンセル」に「女流花形──画家」なる記事が出ている。これは気が利いている! ──私はクレールのすぐ後に出て、そうして、彼女と同じくらいの行数で書き立てられている! ──私はグルーズ(19世紀の画家)である。私は何者かになるであろうと思われる人物に見るような意力の勝った額をしているブロンドである。私は深奥な目つきをしている。私は非常に優美である。私は才能を持っている。そうして私は、バスティアン・ルパージュの畑での、よき写実主義を持った絵を描いている。以上のごとくである! しかしそれが全部ではない。私は微笑して、子供のような愛らしいにこやかな顔になる!!! ──それでいて私は有頂天になっていはしない? ああ! ちっとも有頂天になっているのではない。
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-08-11 13:45 | 1884(25歳)

1884.05.06(Tue)

 文学は私に正気を失わせそうだ。私はゾラを読む、全部。彼は巨人である。
 親愛なフランス人よ、彼もやはりあなた方が否認しようとしているらしい一人である!
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-08-11 13:13 | 1884(25歳)

1884.05.05(Mon)

 死ぬ、これは誰でも容易に口にしたり筆にしたりする一つの言葉である。しかしやがて死のうとしていることを考えたり、信じたりするのは? 私はそれを信じているだろうか? 否、私はそれを恐れている。
 それを自ら偽るよしもない、私は肺病である。右はかなりひどくなっている。左も1年前から少し侵されている。──両方である。──ああ、まるで別人のような格好になって、私はやつれ果ててしまうのかも知れない。私は大概の若い娘たちよりもふっくらしているに違いない。しかし私は以前のようではない。まだしも1年前までは、私は脂ぎっているというでもなく、太り肉というでもなく、すっきりしていた。今では、腕にもうしっかりしたところがなく、そうして上体の、肩の辺へかけて、まるまるした美しい肉付きを見る代わりに、骨っぽさが感じられる。私は湯浴みしながら、毎朝鏡に映して見る。腰の辺はまだ美しい。でも膝の筋肉が見えだして来た。足つきは良い。要するに、私は不治の病にかかっているのだ。でも、かわいそうな人間よ、身体を厭うがよい! しかし私は身体を大切にはしているが、だめだ。私は肺臓の両側に自分で灸をすえた。私はもう4カ月の間は、自分の肌を見せることは出来ないだろう。そうして、眠るために、時々、その灸点を新たにしなければならないだろう。全快するなどは問題でない。私は暗黒に向かって突進しているようなものである。いやしかし、それが事実に他ならないのであるが、灸点は別として、まだたくさんすることがある! 私はそれを皆している。肝油、ヒ素、ヤギの乳。私は一頭の牝ヤギを買ってもらった。
 要するに私は寿命を伸ばしはしよう。が、だめだ。
 こうして私はあまりにあくせく心配させられた。私はそれで死ぬのだ。それが論理的である。しかしそれは恐ろしい。
 人生には実にたくさんの面白いことがある! 読書だけでも。
 ゾラの全集と、ルナンの全集と、それからテーヌを数冊取り寄せさせる。私はミシュレのそれよりもテーヌの「革命」の方が好きである。ミシュレは曖昧で、活気がない。そうして彼は崇高に構えているにもかかわらず、私はテーヌを読んでみると、言うがごとくテーヌはそれを醜く現そうと欲したのではあるが、ミシュレよりもこの「革命」の方が好きだ。
 では絵画は?
 こんなときには誰でも、来て万事を処理してくれる一人の神を信じたくなる!
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-08-11 13:12 | 1884(25歳)

1884.05.03(Sat)

 エミル・バスティアン・ルパージュが11時半に来る。私は本当にびっくりして降りていく!
 彼は私に話すためたくさんの良いことをもたらす。私は真に偉大な成功をしている。
「あなたとしてはとか、あるいはアトリエの仲間の人たちに比較してというのではなく、一般的の成功です。──私は昨日オランドルフに会いました。と彼は、もしこれがフランス人の作だったら、国家が買い上げるだろうと私に言いました。「ああ、あるほど! 実にしっかりした男だ、このムッシュ・バシュキルツェフというのは。」(札にはムッシュ・バシュキルツェフと署名してあるので。)それで私はその人に、あなたがまだ若い婦人であることを告げました。「美しい方」だと言い添えて。否!! と言って、その人はなかなかそうは思い返せない様子でした。そうして皆があれを大成功だと言って、私に話しかけます。」
 ああ!! 私はそれを少し信じ始めた。信じすぎることを恐れて。そう言ってもあなた方には考え及ばないほどの控えめな態度で。私はようやく若干の満足を感じることを自分に許す。
 要するに、私は人が自分を信ずるというのを最後に信ずる者となろう。しかしそれが良いようだ。
 ──芸術家としての一つの真実なる、そうして非常なる大成功です、と、エミル・バスティアンは言う。
 では、1874年か75年のジュール・バスティアンのようだと言うのか? ああ! 主よ。さらばやっぱり私は喜びにみなぎりあふれるというわけにはいかない。と言うのは、私にはそうとはほとんど信じられないから。
 私は喜びにみなぎりあふれるべきであるのかもしれない。この卓越した友は、彼の兄の親友なる彫刻家のシャルル・ボオドのために特評証に署名してくれるようにと私に乞うた。
 このボオドは「モード・イリュストレ」のために私の絵を写真に撮ったり彫刻しようというのである。それは良い。
 彼はまた私に、フリアン(彼は才能を持っている)が私の絵に熱心だと言った。
 私の知り合いでない人たちが、私のことを話したり、私のことにかまけたり、私を批判したりしている。何という幸福であろう!! ああ! それをあれほど望んだり、あれほど待ったりしていながら、そうとは信じられないくらいに!

 私は写真を写す特許を与えるために、むなしく待った。一昨日、私の知らない者が、それを乞うため私に手紙をよこした。私はそれがポオドであってくれれば良いと思う。バスティアン・ルパージュは彼のことをシャルロオと呼んでいて、彼に8ページもある手紙を書いている。
 私が社交界の婦人の描くような絵をでも描いているものと思い込んでいて、そしてアリスやそのほかの愚かしい少女たちに向かってそうした挨拶をしている愚か者たち皆の祝辞を受けるために、私は母の客間へ降りていく。
 そこで!
 私の成功を最も如実に感じているのはロザリであると、私は思う。彼女は狂気したごとく喜んで年老いた乳母としての愛情をもって私に話しかけ、そうして女門番みたいに右に左に様々な事柄を物語ったりしようとする。彼女にとっては、何事かが起こったような騒ぎである。一事件が出来したような。
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-08-11 13:06 | 1884(25歳)

1884.04.30(Wed)

 災禍は完成するまでには至らない。なぜなら「ゴロワ」は私のことをたいそう良く言っている。私だけに短評がしてある。それは「ゴロワ」のヴォルフと言われるフウルコオの書いたものであって、非常に気が利いている。「フィガロ」と同日にサロンに関する一つのプランを発表して現れている「ゴロワ」は、同等か、でなければほとんど同等ぐらいの勢力を持っているものと私には思われる。
 やはり展覧会号を発行している「ヴォルテエル」は、「ゴロワ」同様に私を取り扱っている。そうしてそれが主要記事をなしている。
「ジュールナル・デ・ザール」(「美術新誌」)もやはり、展覧会の鳥瞰(ちょうかん)記事を発表して、私を引用している。「ラントランシジャン」でも、展覧会号で、私を同様に優遇している。その他の諸新聞紙も、追々それぞれ相当の記事を掲げるであろう。展覧会がふたを開けたその日の朝にそれだけのことをしたのは、「フィガロ」に、「ゴロワ」に、「ヴォルテール」だけである。
 私は満足か? これに答えることは簡単である。満足でもなく、不満足でもない。……
 自ら慰むるに足りないというほどではない、ちょうどその程度に私には満足である。それきりのことだ。
 私はサロンから今帰ってきた! 私たちは正午にやっと会場へ行き、そうして閉場前1時間の、5時までもそこにいた。──私は偏頭痛がする。
 私たちは長い間絵の前の長いすに座り込んでいた。
 大勢が絵を眺めている。私は、それらのすべての人たちが、きちんと格好良く靴を履いた、実に可憐な足を示しながら、そこにそうして座っている美しい少女が、その絵の作者であることを決して知ろうともしないであろうと考えて、笑っていた。
 ああ! 去年とは趣を異にした良い出来栄えである、すべての点において!
 これは成功なのか? 真実の、真剣の意味において。もちろん? ほとんどそうだと言える。
 ブレスロオは2つ肖像画を出した。私はその一つをしか見なかったが、かなり驚かされた。それはマネの模倣であって、その点が私には気に入らない。これには以前ほどの力強さがない。さて、私の言っていることはおそらくひどすぎるかもしれない。と言って、そんなことを私は気にかけはしない。どっちにしても、私は不満足である、否である。まだいくらでも余地はある。けれども、私はそうあることの方をずっと好んでいることを告白する。
 バスティアン・ルパージュは、去年の小さな絵をしか出していない、鍛冶場を。
 それは鍛冶場の薄暗い中にいる年老いたる一人の鍛冶である。これは方々の博物館にあるすすけきった小さな絵画同様の良い出来栄えである。彼はまだ絵を描くほど十分に健康体になっていない。あのかわいそうな建築家は悲しそうな様子をして、彼は水へでもはまってしまおうと言っている。
 私もやはりもの悲しい。そうして私は、自分の絵、自分の彫刻、自分の音楽にもかかわらず、そうしたすべてのものにかかわらず、私は自分に嫌気がさしているのだと思う。
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-07-13 17:41 | 1884(25歳)

1884.04.29(Tue)

 明日は展覧会の初日である。明日の朝は真っ先に、私は「フィガロ」と「ゴロワ(底本:ゴオロア)」を見よう。それらの新聞紙はなんと言うであろう? 何にも言わないだろうか? 良くも? 悪くも?
[PR]
# by bashkirtseff | 2011-07-13 17:13 | 1884(25歳)