1873.10.17(Fri)

 ピアノを弾いていると新聞が来た。私は「ガリニャニ報知」を取り上げてみると、一番に目についた文句は公爵H…の結婚を報じている。
 新聞は私の手から取り落とされなかった。反対にそれは私にこう着した。私は立っている力がなかった。それで腰掛けて、少なくとも十度その恐ろしい記事を読んでいるうちに、自分が夢を見ているのではないことが確かめられた。おお、私は何を読んだのでしょう! 私は何を読んだのでしょう! 今夜は字が書けないので、私はひざまずいて泣いていた。母様が入っていらした。私は母様に泣いているところを見られないように、お茶の支度が出来たかどうか見に行こうとしているような風をした。それに私はラテン語の日課もしなければならなかった! おお! この苦しさ! おお、この煩わしさ! 何にもすることも出来なければ、しないでじっとしていることも出来ない。どんな言葉を持って来ても私の心持ちは表せない。私を絶望させ、私を怒らせ、私を殺すものは嫉妬である。せん望である。それは私の魂を裂き、私を狂暴にする。……せめてそれを表すことでも出来ればよいけれども! しかし私はそれを隠して、落ち着いた風をしなければならぬ。それがなおと私を惨めにする。シャンパンの栓を抜くとほとばしってやがて落ち着く。けれども栓を半分抜きかけておくと、いつまでも沸騰している! ……いや、その比喩(ひゆ)は正しくない。私は苦しみながら押しつぶされているのだから!!! ……
 もちろん次第に忘れてしまうだろう! ……私の悲しみが永久に続くと言えばこっけいになる。永久なものなんか何にもない! けれども実際今ではそれよりほかに私は考えようがない。あの人が結婚するのではなく、ほかの人があの人を結婚させるのである。それは全くあの人の母親のたくらみから出たものである。(1880年付記。この騒ぎの主は、私が往来で一、二度見たことがあるけれども、その人が誰であるかも知らなければ、その人も私の存在を知らない人なのである。)おお、私はあの人を憎む! 私はあの人があの婦人と二人でいるところを見てやりたい! 彼らは今バードにいる。私の大好きなバードに! 私がよくあの人に出会ったことのある、あの散歩道、あのkiosk(キオスク/涼亭)、あの店々! ……(これを1880年に読み返してみたけれども、私に何らの感情をも起こさせない。

 今日から私はあの人に関するお祈りを変える。私はもうこれからはあの人の妻にして下さい! と神様に祈ることはしないつもりである。……この祈りをやめることは私には不可能に、死ぬほどに思われる。私は道化者のように泣く! さあ! さあ! 良い子よ、聞き分けなさい!
 何もかも片付いた。そうだ! 何もかも片付いた。ああ! 今となって考えてみると、私の望みは皆かなえられるものではなかったことがわかる!
 私はお祈りを変える苦しみの用意をしなければならぬ。おお! これは何より残酷な苦しみである。すべてのものの終わりである。アメン!
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-11-07 13:59 | 1873(14歳)

日付なし

 私は今日は幸福である。あれは本当の話ではないと思うとうれしくなる。誰もあの恐ろしいうわさを二度と繰り返す者はなく、私もなるべくならば知らないでいたい。
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-11-03 20:46 | 1873(14歳)

日付なし

 私たちは散歩に出掛けた。けれどもニースはもうニースではない。またG…ももういない! 彼女の別荘を見ても私はもう何ともなかった。それはすべて公爵があってのことであった。それゆえに私の心はその空き家を見ると痛くなる! ……ニースに私をつなぐ唯一のものはあの人であった。私はニースが嫌いになった。私には耐えられなくなって来た。私は疲れ果てた! ああ! 私は疲れ果てた!

Mon âme rêveuse
   Ne songe qu a lui.
Je suis malheureuse,
   L'espoir a fui…

〔私の夢見る心はただ彼のみを思う。
 私は不幸である。希望は消えた。〕

 私の神様、私を不幸からお救い下さい! 私の神様、私の罪をお許し下さい、私を罰しないで下さい! もう何もかもかすんでしまった! ……何もかもかすんでしまった! ……私の顔は紫色になる、もう何もかもかすんでしまった! と思うと……
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-11-03 20:39 | 1873(14歳)

1873.10.13(Mon)

 私が今日の日課を調べていると、イギリス人の家庭教師なる小さいヒイダアが言った、「公爵が公爵令嬢M…と結婚なさるという話をお聞きですか?」私は火のように熱くなったから、書物を顔に近寄せた。私は鋭いナイフに心臓を刺し通されたような気がした。震えだして、書物が持っていられなくなった。自分でも気絶しはしないかと心配になった。けれども書物が助けてくれた。幾分間か書物を見ているような風をしているうちにやっと気が落ち着いて来た。声を出して読んでみたが、まだ息がはずんで震え声が出た。私はありったけの勇気を振り絞った。──水泳場の橋から飛び込もうと思うときに以前よくそうしていたように。──そうして自分を抑えねばならぬと自分に言い聞かせた。私は話をしないで済むように、書き取りをした。
 ピアノの所へ行ったときはうれしかった。しかし弾いてみると、指が冷たくこわばっていた。公爵夫人がクロケを教えて下さいと言ってきた。「ようござんすとも」と私は快活に答えた。けれども私の声は震えていた。──馬車が来た。私は急いで着替えをした。緑色のローブを着ると、髪は金色だし、顔は白くて赤いから、私は天使か、女か、というほど美しく見えた。私たちは出掛けた。G…の家があいたままになっている。職人が仕事をしている。装飾屋と大工らしい。彼女は行ったのだ。どこへ? 金をこしらえにロシアに行ったのではあるまい。
 いつも私はこう考えている。「あの人が結婚する! そんなことがあるだろうか? 私は不幸だ!」と。不幸だとは言っても、以前に私が壁紙のことや装飾具のことなどで不幸だったほどではない。それでも真実不幸である!
 私はあの人が結婚するということを、公爵夫人にどういう風に話せばよいか分からなかった。(なぜならば、いつか皆に知れることであろうから。)それで私から話しだした方が良いだろうと思った。
 私は彼女が安楽いすにかけていて、光が私の後ろになって私の顔が見られなくなっている瞬間を選んだ。「あなたは最近の出来事を知っていらして、公爵夫人?」私は言った。(私たちはロシア語で話していた。)「公爵H…は結婚なさるのですって。」とうとう! 私は言ってしまった。……私は赤くはならなかった。私は落ち着いていた。けれども、どんなものが私の心の中を通り過ぎたか、それは誰もわからないだろう!!!
 あのおせっかいな人に、その恐ろしい話をして聞かされた瞬間から、私は、1時間も駆け通したかのように息が切れて、胸が痛んで、鼓動が激しくなっていた。
 私はむちゃくちゃにピアノを弾いた。けれども弾いている途中から指が弱ったから、いすに寄っ掛かった。私はまた引き出した。──同じところを。──少なくとも5分間は引き出したり、よしたりした。のどに何か塊があって、それが息を止めるのであった。少なくとも十度、私はピアノからバルコン(#バルコニー)へ駆け出した。ああ! 何という心持ちだったろう! ……
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-11-03 20:25 | 1873(14歳)

1873.09.20(Sat)

 スカルキオポフが来ての話に、人間は猿の退化したものだと言った。彼は伯父(オンクル)ニコラスのような考えを持っている小さい人である。「それならばあなたは神様を信じないのですか?」と私が聞いた。彼は答えた。「わたしは自分の理解するものを信ずるだけです。」
 おお、卑しむべき人よ! 男の子はひげが生えかかると皆そんな考え方をする。彼らは女は推理力もなければ理解力もないものだと思っている青二才である。彼らは女は自分で何を言ってるかもわからないでしゃべる人形だと考えている。彼らは女の話を聞くときは保護者のような風をして聞く。……私は卑しむべき人だということと、青二才だということを除いて、そのことをすっかりスカルキオポフに話してやった。彼は理解することも出来ないくせに何かの本を読んでいて、その説を振り回しながら、地球の両極には凍った植物や化石が発見されるのを見ても神様には創造することは出来なかったのだということを立証するのであった。
 私にはそれに反対して言うことはなかった。けれども、地球は人間創造以前に幾たびも大洪水のために激変を受けたのではなかったか? 神が6日間に世界を造ったという叙述を私たちは文字通りに受け取ることは出来ない。世界は世紀に世紀を重ねて出来上がって行く! けれども神はある。神が空を見たり、森を見たり、人間を見たりすることが否定されるだろうか? 罰したり報いたりする手、すなわち神の手があるということは考えられないだろうか? ……
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-11-03 20:07 | 1873(14歳)

1873.09.19(Fri)

 私はいかなる状態の下においても快活にしようと努めている。人は嘆いて悲しんではならぬ。人生は短いから、なるたけ笑って過ごした方がよい。涙はひとりでに出るが、少なくとも私たちはそれを避けることが出来る。けれども私たちの逃れられぬ悲しみがある。死と離別である。離別は、それでもまた会えるという希望さえあらば楽しみにもなる。しかし小さなつまらないことで人生を損なうのは恥である、まさに! 私はそういうつまらない小事には目もくれない。私は日々の些事(さじ)が嫌いである。私はそんなものは笑って通り過ごさせる。
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-11-03 19:46 | 1873(14歳)

1873.09.02

 絵の先生が来た。私は彼に題目の表を与えた。それは今に彼が専門学校の教授を私の所へよこさねばならぬような表であった。結局、始めることになるだろうけれども! マドモアゼル・C…と旅行とのためで、私は4カ月を無駄に過ごした。本当に恐ろしいことだ。ビンサが学監の所へ頼みに行くと彼は聞いた。こういうプログラムを一人で作り上げてこれだけの勉強をしようというお嬢さんは幾つです? ばかなビンサが、15でいらっしゃいます、と答えた。私はそれを聞いてひどくしかった。私は非常に腹が立った。なぜ私を15と言ったりしたのだろう。それはうそである。その弁解として、彼は私の推理力から言うと私は20と言ってもよいほどだから、本当の年に2つ足したところで悪いことはないと思う、うんぬん、と言った。食事のとき、私はビンサにいま一度学監の所へ行って私の本当の年を知らせて来るように言い張った。私は言い張った。
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-11-03 19:42 | 1873(14歳)

1873.08.29(Fri)

 今朝私は公爵夫人と果物市場に行った。彼女が掛け合って、私が払った。私はこの間偶然に行って自分で掛け合った! ……私は子供たちにスウ(フランスの銅貨)を少しばかりやった。本当に面白かった! 子供たちは私を神かなんぞのように眺めた。一人の女が、「あなたは何という優しい方でしょう!」と言った。おお! 神様が私を見ていて下さったならばどんなにうれしかったでしょう!
 私は帰ってきた。皆がうらやましそうに私を見た。私は勉強の時間の整理にかかった。今日中には済ませたい。一日9時間は勉強せねばならぬ。おお、私の神よ、私が一生懸命になれるように私に力と勇気を与えて下さい。今でもそれは二つながら持っているけれども、まだたくさん私は持ちたい。
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-10-31 21:25 | 1873(14歳)

日付なし

 夫と妻は別々の楽しみを持ちながら、互いに愛し合うことが出来ると言う人がある。
 それはうそである。そんなことは出来ない。なぜと言うに、もし、若い男と若い女が互いに愛しているとすれば、彼らはほかの人のことが考えられるであろうか! 彼らは愛し合っていれば、互い同士に十分の楽しみを見いだす。
 ほかの女の上に与えられるただ一つの目つき、ただ一つの考え、というものが、その人はすでに今まで愛していた女を愛していないことを実証する。なぜと言うに、私はいま一度質問すると、もしあなたが本当にある女を愛しているならば、ほかの女を愛するというようなことが考えられるでしょうか? もちろん考えられません。それならば、嫉妬(しっと)とか、非難とかいうものがなぜ必要でしょうか? 人は、例えば死ぬ場合にするように、もうどうすることも出来なくなったと思い付いて、少し泣くと慰めになるものである。胸がある女のことでいっぱいに満たされている間は、ほかの女に入り込む余地はないものである。けれどもそれが空になりかけると、今一人の女がその小さい指でそれに触った瞬間に、全く入り込んで来ると言ってもよい。

1875年3月末日記入
 このときの私の推理には多大の真理がある。けれども、私はまだ子供であった。「愛」という言葉をよくこんなにもたくさんに使ったものだ! ……哀れなる私よ! 私のフランス語にも間違いがある。皆直しておけば良かった。私は今ならばもっとよく書けると思う。しかしまだ私の望むほどには書けない。
 誰の手にこの日記は落ちるであろう? それは私と私の家族にだけは興味があるだろう。けれども私の日記が誰にも興味を持たれ得るほどの人に私はなりたい。しかし私は自分のために書くのである。そうして、自分の生活をすべて批評して過ごすのは、よいことではあるまいか? ……
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-10-31 21:14 | 1873(14歳)

1873.07.29(Thu)

 私たちはヴィエンヌに行くところである。私たちの出発は、大体から言って、愉快であった。私は例のごとく、仲間(パルチ)の中心であった。
 ミランから先は景色が面白い。どこまでも緑で、平らで、壁のようにそばだった限界を遮る山の心配もなく、凝視が空間に延びるように思われる。
 オーストリア(底本:「オオストリア」)の国境で、私が忙しく着物を着ていると、ドアが開いて、医者がいやな病気(コレラ病)の予防として、私たちに粉を振りかけた。私は11時までまた眠った。私は目を開けなかった。何という緑色だろう、何という森だろう、何という小ぎれいな家だろう、何という優しいアルマンド(ドイツ種)婦人だろう、何という耕された畑だろう! 美しく、優しく、立派なものばかりであった。私は人に言われるほど自然に冷淡な者ではない。その反対である。もちろん私は乾いた岩とか、灰黄色になった森とか、死んだ景色とかには感心しない。けれども私は木の茂った山や、ビロードのじゅうたんを敷き詰めたようなよく耕された畑で働く男や女や茅屋(ぼうおく/#かやぶきの家)の点綴(てんてい)された景色などは好きである。
 実際私は窓から外を眺めて飽かず景色に見とれていた。汽車は非常に速く、何もかも飛び去って、まことに美しい。私はこういう景色を心からしょうさんする。8時に私は座った、疲れたから。ある停車場で小さいアルマンドの娘たちが、“Frisch Wasser! Frisch Wasser!”(水、水)と呼んでいた。ヂナは頭痛がしている。
 よく私はいつも隠れながら私に向いているもの、すなわち真実と言うものを知りたく思うことがしばしばある。私の考えること、私の感じることは、皆私の外にある。世の中には何物もないように思われる。例えば、私が公爵を見るとき、私は自分があの人を嫌いなのか、好きなのか分からない。私は自分の心の中に入ってみたく思う。けれどもそれは出来ない。私がむずかしい問題を解こうと思うと、自分で出来たような気持ちになるまでは、それを考えている。けれども、私が自分の考えをまとめようとするとそれは皆消えてしまって、驚くべき遠方まで飛び去って、もうそれで何物をも作り出すことは出来ない。私の言うすべてのことは、私の内部の自己には触れない。私はただ外的に生きているのみである。来るにしても、行くにしても、あるいは持つにしても、持たないにしても、要するに私に取っては同一である。私の心配とか、楽しみとか、苦しみとかいうものは、存在してはいないのである。ただ私の母を描くとか、H…を描くとかいうことのみが愛をもって私の心を満たす。けれども後者について言えば、全然ではないが、私があの人を空想して考えているだけだという風にはどうしても思われない。私にはまるでわからない。
[PR]
# by bashkirtseff | 2004-10-31 20:51 | 1873(14歳)