<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

1884.04.04(Fri)

 バスティアン・ルパージュの展覧会は光っている、言うまでもなく。しかしそのほとんど全部は創作である。1、マダム・ドルウエの肖像は昨年の作。2、今一つの肖像は1882年の作。3、2人の洗濯女と花の咲いたリンゴの木のある風景は、同じく1882年の作。4、ローマ賞を得たの(彼はローマ賞の2等しか得なかった)は1879年の作。及び昨夏コンカルノオへ行っていたときに描いた素描、それが5。「ダンヴィレエルの沼」6。「小麦あるいは刈り取り人夫ら」。背中を向けている一人の小さな麦刈しか見られない絵。(7)
 ある森の中を木を運んでいる老いたる1人の乞食、それが8である。ダンヴィレエルの沼と、麦刈と乞食とは、いっぱいに太陽を浴びている。そうして、もし私が誰かにこれだけの価値のある大勢の風景画を示されたら、私はかなりびっくりさせられるであろう。偉大なる芸術家は、専門とか特技とかいうものは持ち得ない。
 バスティアン・ルパージュのところで私が見たアンドロメエドは、小さいものではあるけれども、何人といえどもこうは描き得ないと思われるようなひとつの裸体習作である。明確さ、性格、形の気高さ、動作の優美さ、色調の細やかさ、そのすべてがその中にあった。そうして大きくもあれば同時に純化してもいる扱い方である。要するに、自然のごとく、肉と皮膚とを備えている、実際に! 彼は薄暮の効果を出そうと欲したとき、「村の宵」を描いた。それは純粋のひとつの傑作である。こうした詩的な注記をミレーに加えたのでは、おそらく過ぎたかもしれない。……よく分からせるために、私はミレーにと言う。なぜと言うに、バスティアンはバスティアン自身であって、またもしミレーが様々な夕暮れや月やらを描いたとしても、他の者に取ってはやっぱりそこに描くべきものが残っているのである。神に謝す。
 この「村の宵」は魔術的効果を持っている。どうして私はあれを買い取らなかったのだろう?
 そこには本当に水の流れているのを見るような思いのするタミイズ(テムズ川)とともに、彼はロンドンの景色も描いていた。いわば旋回して流れている、あの厚ぼったい、重々しい水の流れを。要するに、彼の小さな肖像画は最も美しく、いにしえの諸大家の小さな肖像画と同じくらいに美しい。また実物大の彼の母親の肖像は、ここまで行ったら肖像画とは言えないほどな出来映えである。なぜと言うに、それは遠くから見ても、近くから見ても、実物そのものである。これを要するに「ジャンヌ・ダルク」は天才の霊感である。
 彼は35歳である。ラファエルは、より以上のものを描いて、37歳で死んだ。しかしラファエロは、12の時から、彼をば大ペルジーノのところで勉強させた公爵夫人たちや大僧正たちの膝の上で育てられたのである。そうして、15になったラファエロは、師匠のものを模写して実物と紛うばかりだった。そうして15からは、大芸術家として神聖視されていた。ついで、その現れた年代からいって、またもちろんもろもろの長所の故に私たちを驚嘆せしめているあの様々の大画面、それらの中にはその大部分の仕事が彼の弟子たちによって仕上げられたり、また、それらの中の数個のものは、ラファエロが下絵を描いたというに過ぎないようなものもある。
 さてバスティアン・ルパージュの方は、その当初は、パリで自活するため、午前の3時から7時まで、郵便局で手紙の選り分けをしていた。彼が初めて展覧会に出品したのは、1868年だと思う。
 要するに、彼には公爵夫人も、大僧正も、ペルジーノもなかった。しかしすでに村にいた頃、彼は図案ではあらゆる賞品を得ていた。私は彼がパリへ来たのはわずかに15か17の頃であると信じている。
 それでも彼は私よりもましである。そういう私は常に芸術的でない環境のうちに生活し、幼時から若干の教科目を課せられ、ついで3、4年の期間というものは、各1時間ずつの15科目の学課を課せられ、それからやっぱり依然としてこの環境の中にいるのである。……それが6年と幾カ月かにもなっている。しかしその間には幾度かの旅行と、1度の大病をしている。要するに……それで私はどこにいるのであろう?
 私はバスティアンの1874年ぐらいのところにいるのではあるまいか? この質問は正気の沙汰ではない。
 もしも私が、バスティアンについて今ここで書いているようなことを、社交界の人たちの前で、または芸術家たちの前で言ったなら、人々は私を全くの気違いだと言うかも知れない。──前者は確信をもって後者は主義の上から、そうして若い者の優越さを認容しないために。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-22 20:22 | 1884(25歳)

1884.04.02(Wed)

 私はプチ(セーズ街の展覧会)へ行った。私はバスティアン・ルパージュとカザンとの比類なき絵の前で、1時間も足を留めていた。

 それから後で、私はロベール・フルリのところへ行き、非常に快活な様子で物珍しそうにして言った。──ね、ムッシュ、審査委員会はどんな模様でございましたの? ──ええ、大層良かったです。あなたの絵が通過したとき、皆言いました。──それも1人2人ではなく、集まっている者が皆言いました、──「やあ、これはいい、第2だ!」
 ──おお! ムッシュ、それは本当でございますの?
 ──ええ、本当ですとも。私はあなたをただ喜ばせようとしてそう言うのじゃありません。全くその通りです。で、票決したのですが、もしあの日に会頭がうろたえたりしなかったら、あなたは第2になれたところなんです。あなたの絵は皆がいいと言い、そうしてそれを同情を持って採決したのですから。
 ──それでいて私は第3になっているのですね。
 ──ええ。でもそれは一種の不幸と言うほかはなかったのです。全くの不運からです。あなたは第2になるはずだったのです。
 ──でも、絵にはどういう非難があるのでございましょう?
 ──何にも。
 ──どうして何にもですの、では悪くないのでございますか?
 ──いい出来です。
 ──じゃそれなら?
 ──だから不幸だというのです。それだけのことです。だからもしあなたが、誰か審査員の方にお会いになって、あれをシメエズの上に掲げてくれとご要求になれば、そうなるかも知れません。なぜって、あれは良い出来ですから。
 ──で、あなたは?
 ──私ですか、私は事務の方の係で、ことに番号の順序を守らせる役目を引き受けています。しかしわれわれの内の一人がそれを要求してくれば、私が何ら反対を言わないことだけは信じて頂いても良いです。
 それからジュリアンのところへ行くと、彼はロベール・フルリの勧告を少し笑って、そうして何もそんなに心配しなくとも良かろう、私がシメエズに陳列されないとあっては実に驚かされるが、また……などと言う。それに、ロベール・フルリは、彼の魂と良心にかけて、私は2号に値しているのだから、精神的には私はその番号を得ているようなものだと言った。精神的には!!! そうしてそれは当然過ぎるほど当然であろう。
 ああ! 否! 私が当然そうあるべきはずの事柄を、恩恵として頼み込む。それはあんまりだ!
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-16 22:55 | 1884(25歳)

1884.04.01(Tue)

 そうした状態が続いている。しかしどうかして逸れ道を見つけ出さねばならぬので、私はそれを見いだす。でももしや私が思い違いをしているのであったら? しかし、泣いたおかげで、私は目がくらんでいる。
 私にこう言う者がある、──おお! あなたは知っているではないか。順番などに大した意義がありはしない。そんなことはどうだって良い。
 そうです。しかし位置は?
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-16 22:41 | 1884(25歳)

1884.03.31(Mon)

 ほとんど何にもしない。私の絵は位置の悪い場所に並べられることだろう。そうして私は賞牌も取られないであろう。
 それから私は非常に熱い湯に、1時間以上も浸かった。そうして血を吐いた。
 ばかな、と、人は言うであろう。それはそうかも知れない。けれども私にはもう知恵もなく、勇気もくじけてしまって、一切に対する様々な苦闘で半ば気違いのようになっている。
 ああ……何を言おう、何をしよう、もしこうした状態が続くならば、私は18で行ってしまうだろう。しかしもし私がいま少し平静でいられたら、さらに20年は生きられるかも知れない。
 そうだ、あの3というのがのみ込めない。ジラアルやブレスロオは、2の番号を取っている。それに私は? 40人の審査員がいて、大勢の声は私を2だと言ったというから、その番号は私のものだと思っていた。15人の声が私と言い、そうして25人が反対したと仮定する。この25の声……審査員は15名あるいは20名の大家と、名前も知られてない凶猛無残な絵を描いているような20名の陰謀家たちから成り立っている。これは一般に知れ渡っている醜事実である。要するに、そうなのである。そうして、それは戦慄すべき打撃である。さて、そうは言っても、私は明敏であって、私は自己を知っている。いや、何も言うことはない。……私の絵は非常に良いものであったように、私には思われてきた。……
 ああ! 決して、決して、決して!! 私は今日くらい絶望の奥底に触れたことはかつてなかった。いかに低いところを駆け回ればとて、それはまだ死ではない。しかし暗黒でそうしてねとつく奥底に足を触れる。……それを言うのである。それは境遇でもなく、家族でもなく、世間でもない。私の才能の欠乏を指して言うのである。ああ! それはあまりに恐ろしい。なぜと言うに、人に向かって助けを叫ぶすべもなく、人間の力も神の力も及ばないから。私はもう労作する可能性を見ることが出来ない。すべてが終わりのように思われる。
 ではそこに完全な感覚があるのではないのか? 奥底からの倦厭の? そうだ。それでは! あなたの理論に従えば、それは1つの享楽でなければならぬ。──違いない!
 それはどっちだって私には同じことである。私は臭化物(プロミュウル)を取ろう。そうすれば私は眠れるだろう。それに神は偉大である。そうして非常な悲惨時の後には、いつでも私に何かしら小さな慰めがある。なお言おうならば、私はそうしたことをすべて物語ったり、頭の中の考えを言葉に出したり、打ち解け話をしたりして、自ら慰めをすることすら出来ないのである。……何にもない、誰もいない、誰もいない! ……
 心の貧しき者は幸いなり。訴うべき神を信ずる者は幸いなり! 何をか訴うる? それは私に才能がないからである。
 あなたにはよくお分かりでしょう。それは行きつまりである。それは1つの享楽でなければならぬ。
 もしも私の様々な惨めさにも見物人があるというなら、そうした点であるかも知れぬ。……
 人の悲痛は、続いてその人たちが有名になると、友人たちによって語り伝えられる。と言うのは誰でも友人はあるから、その友人たちとほかの人とが話し合うから。私にはそうした友人がいない。そうして私が一人で嘆くとき! 私が言うとき! いや、私はもうこぼすまい! それからその後は? それは何人に対しても損失になるわけではない、私に才能がないだけのことだ。
 では自分のうちに閉じ込めておかねばならぬところの、そうして何人に対しても何の増減するところもないところの、そうしたすべての事柄……そこに最大の屈辱なる最悪の苦悩がある。と言うは、何ものでもないところの自分自身をば知り信じ信ずるからである。
 もしもそれが続いたなら、誰だってそうした状態で生き永らえてはいられぬだろう。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-13 23:27 | 1884(25歳)

1884.03.27(Thu)

 仕事のことが非常に心掛かりである。なぜ私は、ほとんど2年も前に描いたパステル画に匹敵するだけの絵がいまだに出来ないのだろう?
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-10 22:10 | 1884(25歳)

1884.03.24(Mon)

 数日来、なぜかは知らぬが私の周りにはもやみたいなものがあって……それが私を世界から孤立させて、私に私自身の奥底にある現実を見させている。だから……。否。不平を並べ立てるには一切があまりに物悲しい。……それは重苦しい愚である。……私は数年前にはそれほど感心もしなかった1冊の本をまた読んでいる。それは驚嘆すべき「ボヴァリー夫人(底本:「マダム・ボヴァリ」)」である。
 文学上の形式、文体……そうだ。……要するに、それは制作におけるすべてである。
 しかしそれが問題ではない。私を取り囲んでいるそうした空気の間にあって、私はより明瞭に現実を見ている。……それを書き立てながら私は泣きだしそうになるほどの、実に過酷な、実に辛酸な、様々な現実を。しかし私はそれを書き立てることすら出来ないであろう。それに、何の良いことがあるだろう? すべて何になるか? 何ものへ到着しようとして毎日10時間ずつも仕事をして6年間を過ごしたのであろう? 才能の始まりと死病。私は今日自分の医者の元へ行った。そうして彼からこう言われたくらいに、実に穏やかに話をしてきた。「いつもあなたは元気でいらっしゃいますね。」
 もしも私がどこまでも、「功名」が自分に一切の償いをしてくれることを望むならば、生きていなければならぬ。そうして生きているためには、自分を看護しなければならぬであろう。……
 そこに様々な幻像がある。唾棄(だき)すべき現実がある。
 誰をも決して信じない……そうなるまでは。……私はほんの小娘だったころ、初めて汽車に乗ってそうして初めて見知らぬ人たちに接触したことを今でも覚えている。私は何くれとなく手回りの物を持って、2人分の席を占めて座り込んでいた。その時2人の旅客が入って来た。──この席は取ってあるのです、私は堅くなってそう言った。──そうですか、紳士は答えた、じゃ車掌を呼びましょう。
 私はそれを一種の脅迫だと思った。家庭でよくやる虚言の1つだと思った。そうして車掌が来て手荷物をのけると、すぐその席へくだんの旅客が座り込んだとき、私の襲われた不思議な寒慄は、何と言葉で言い表して良いやら本当に名状することが出来ない。これが最初の現実であった。
 長い前から、私はそうとは信じてもいない病気で脅かされていた。……実際! ……私はそうした惨めさを残らずあなた方に物語っているような時間はなかったはずかも知れない。しかし私は自分のモデルを持っているのだ。そうして何もしないでいると、しきりに嘆息ばかりしなければならぬ。
 そうして灰色がかった重苦しい空をして、3月の風が吹いている。
 私は昨日かなり大きな1つの絵に着手した。それはセーブルの物古りた果樹園で、一人の少女が、満開の1本のリンゴの木の下に座っている絵である。一筋の小道は遠くの方へ消え、そうして至る所に花をつけた果樹の枝々が茂り、草は青々として、スミレや名も知らぬ黄色い小さな草花が咲いている。座り込んで夢見ている女は、目をつぶり、頭を両手で支えて、ひじをひざに立てている。
 これは非常に素朴なものになるに違いない。そうして女を夢見させているところの春の発露を感じさせるようにしなければならぬ。
 日差しを枝々の間に見せるべきである。これは幅が2メートルで、縦はもう少し高い。
 時に、私は3号の番号で入選したというに過ぎない。そうして私は自分の絵をシメエズの上に掲げられないようなことに、なりはしないか?
 そうなっては勇気も尽き果て、望みも何もありはしない。それも誰の咎と言うではなく、私に才能がないからのことなのだ。……そうだ、もし私が自分の芸術に希望を失ったら、私は即座に死んでしまうだろうということを、これは真実私に示してくれた。そうしてもしもこの希望が、今夜のように、なくなってしまったとしたら……そうだ、決して誇張して言うわけではないが、そうなれば死よりほかに道はないであろう。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-10 22:08 | 1884(25歳)

1884.03.22(Sat)

 セーブルではまだ仕事を始めない。でもこれはめっけ物である。
 ジュリアンは書いてよこした。「あなたは少なくとも3番で入選しています。」
 少なくともは何を意味するのであるか?
 どうもありがとう、私は入選を疑いはしなかった!
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-10 20:05 | 1884(25歳)

1884.03.19(Wed)

 私はセーブルである果樹園を見つけ出した。そうして非常に疲れて、8時近くなってようやく帰った。大勢で晩さんを取る。
 昨日はロシアの芸術家のクラブで、仮投票が行われた。私が満場一致で入選した。
 クレールはバスティアン・ルパージュに会いに行ったという1人の紳士に会ったところ、バスティアン・ルパージュは大層悪かったとのことであった。その翌日、この紳士は医師と落ち合った。医師は言った、──あの人は重病です。しかし私はリウマチ(底本:「レウマチス」)だとは信じません。ここの(胃の辺をたたきながら)病気なのです。でも彼は本当に病気なのだろうか? ……彼は両3日前に、彼の母親を伴ってブリダアへ行ったばかりなのに。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-09 22:45 | 1884(25歳)

1884.03.16(Sun)

b0037289_21515747.jpg

 絵を送った。
 私は6時半に、そうなったのが甘美だと言っても良いくらいにまで実に完全に疲れ切って、帰ってきた。……それを甘美だと言っても信じてはもらえまいが、私にとっては、極端にまで押し進められた完全な感覚は、苦痛の感じであってすら、すべて1つの享楽である。
 私は指を傷つけた際、それを半時間の間享楽していたくらい、その苦痛は実に激しいものだった。
 今夜の疲労もそうした完全なものであって、体はもう空気の中にあってはいかなる抵抗にも耐えず、湯に浸ってから、床に横たわると、腕も足も重たく、頭は連絡のないもうろうとした事柄で一杯になって……頭の中を雑然混然として通り過ぎていた事柄を、散り散りばらばらに、高声に口にしながら眠ってしまった。……ニスで塗ったカバネル、……元帥夫人、ブレスロオ、……絵画、アルジェリ、シメエズ、……ヴォルフ!
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-09 22:36 | 1884(25歳)

1884.03.15(Sat)

 アベマが今日午前に私の絵を見に来た。
 この15日という日は再び巡ってこないように思われた。……上天気だから、私は月曜日か火曜日には、田舎へ仕事をしに行こう、私はもうバスティアン・ルパージュを賛美しようとは思わない。私には彼が良く分からない。それは1つの性質である……閉じふさいだような。それに、賛美することで自己を消耗するよりも、自分自らの才能に従って労作した方がましである。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-09 21:04 | 1884(25歳)