カテゴリ:1884(25歳)( 94 )

1884.07.05(Sat)

 私はねずみ色の布で出来た心地よいローブを着る。胴衣は、首と袖口を除いては、何らの装飾もなく、アトリエでの仕事着みたいに作らせてある。古代風な蠱惑的なレースの大きな結び目のある理想的な帽子。それで私は、自分によく似合った姿を見て、しきりにジャンドル街へ行きたくなった。ただ少し早すぎるけれども。なぜだろう? そこへは単に友達として、崇拝者として、仲間としていかねばならぬ。彼が大病なのだから。
 で、私たちはそこへ行く。母は大喜びで、私の肩を叩いたり、私の美しい髪を話題にしたりする。──建築家は相変わらずがっかりした様子をしている。彼は記念碑のこと以来気抜けしたようになっている。そうして大画家の方は良くなりつつある。
 彼は私たちの前でブイヨンを吸ったり卵を食べたりする。彼の母が駆け回って、召使いの入ってこないようにそうしたものをすべて自分で持ってくる。彼の給仕をするのも彼女である。それに、彼はそうされるのを極めて自然だと思っていて、私たちの給仕をも平気で受けて、ちっとも怪しまない。彼の顔つきの話になって、誰かが彼はもう髪を刈らせなければならないだろうと言う。と、母は、息子が子供の頃には、また父が病気の時には、良く自分で髪を刈ってやったと話し出す。──刈ってあげましょうかね? 運が良くなりますよ。
 皆が笑う。でも彼はすぐそれに同意したので、彼の母は道具を取りに駆けていき、理髪にかかり、なかなか手際の良さを見せる。
 私もハサミで刈ってあげたいと言った。するとこの人は私に何かいたずらをされては困るという。それで私はサムソンとダリラ(サムソンの髪の中に彼の力が宿っていたのをダリラが誘惑して切ってしまったので以来この勇者は力がなくなった)に比較して仇を取ってやる! 私のこの次の絵で。
 彼は笑い出す。
 彼の弟も、元気が出て、ひげを刈り込んでやろうと申し出る。そうして少し震える手で、おずおずとゆっくりそれをつかみ取る。
 こうして彼の容貌を変えてしまうと、彼はもう病人らしい様子もないほどになった。母はうれしさで小さな叫び声を上げる。──やっと、私の息子になった、私の小さい息子に、私の大事な坊やさんに!!
 何という良い婦人だろう! 単純で、善良で、息子の偉さにあこがれている。
 彼らは善良な人たちである。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 15:19 | 1884(25歳)

1884.07.04(Fri)

 セーブルの絵がここに、アトリエに来ている。──これは「4月」と題しても良い。──それはどうでも良いが、この4月は私には実に良くないように思われる!!!
 背景が強く同時に汚い緑になっている。
 女はまるきり私の思っていたようなものになっていない。
 私は彼女をばこのようなものにしてしまった。しかしこれでは私の思っていた情緒は出ていない、まるきり。──要するに、3月は水泡に帰したわけだ!
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 15:06 | 1884(25歳)

1884.07.03(Tue)

 今朝7時に、私はポオテエンの家へ行った。彼は至極手軽に私を診察した。そうして私をオオ・ボンヌへ廻す。後で見てもらうことになっている。しかし、私は彼が湯治場の同僚に宛てた手紙をここに持っている。私はそれを開封した。
 その中には肺は右側の上部に触欠があるということと、私は世にも最も不規則な最も不謹慎な病人ということが書いてあった。
 そうして後、まだ8時になっていなかったので、私はレシキエ街の小男の医者のところへ行く。この方はまじめな男らしく私に思われる。と言うのは、彼は私の病状に驚いて不機嫌な顔をして、ブシャアルとかグランセとか、そうした斯道の大家のところへ行くように主張する。
 私が拒絶すると、彼は私が行きさえすれば連れ立って行こうと言う。それで私は同意する。
 ポオテエンは、私が以前にはずっと余計ひどい病人であったのだが、意外にも良くなってきたのに、この頃また逆戻りした、しかしそれも回復するだろうという意見であるらしい。
 彼が話し出すと私は気持ちが悪くなるほどの彼は楽天家である。
 小男のB…は、そうした意見ではない。彼は言う、私はもっと悪かった。しかし、その頃は病状が険悪であった。急に悪くなりはしないかと恐れていた。ところがそうもならないで、意外にも良くなってきた。しかるに今ではそれが、慢性の重態に差しかかっている。……一言にして言えば、彼はどうしても私をそのグランセのところへ連れて行こうというのである。
 私は行こう。
 肺病!
 あれと言い、これと言い……何もかも。面白くない。
 そうして少しでも私を慰めてくれるようなものとてもない、何一つありはしない!
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 15:00 | 1884(25歳)

1884.07.02(Wed)

 私たちは、今日ジュール・バスティアンを彼のアトリエに見舞ってきた。
 彼はいくらか良くなったように本当に私には思われる。彼の母親がそこにいた。彼女は肖像画よりもずっと良い。60歳の婦人でいて、45か50位に見える。髪はかなり美しいブロンドで、ほとんど白髪がない。善良な微笑をたたえる。要するに非常に同情心に富んだ婦人であって、黒と白との着物を着て慎ましやかにしている。彼女は彼女自身の創意の図案で非常に美しい刺繍を作る。
 バスティアン・ルパージュは前の2本の歯が、私みたいに隙いている。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 13:57 | 1884(25歳)

1884.07.01(Thu)

 またしてもいとわしいセーブル!
 でも私は早くに帰る、5時に。──もう仕上げに近い。
 しかし私は死にたいほど悲しい。何もかもうまくいかない。
 何か強力な誘導剤が必要である。そうして神を信じない私が、その神を当てにしている。
 凶猛な惨めさの幾日かの後に、何者かがいつも私を再び生活にとりつかせる。
 私の神様、なぜあなたは推理することを私にお許しになったのです? 私は無条件にどこまでも信じたい。
 私は信ずるか、信じないかである。私は推理し出すと、もう信ずることが出来ない。しかし惨めだったり、喜ばしかったりするときに、心の奥の奥で、まず第一に起こる考えは、私にとって実につれないこの神のことである。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 13:46 | 1884(25歳)

1884.06.30(Mon)

 私は私の画布を小刀で裂いてしまわないためには無理にも自分を抑えつけねばならなかった。思うように描けたところは一隅だってない。
 そうしてまだ手が1本残っている! でもその手が出来ても、まだ修正すべきところはいくらもある!!! ああ惨め、呪われ!
 もう3月、3月。
 否!!!
 私は誰もまだ見たことのないような一かごのイチゴをこしらえ立てて喜んでいる。私は茎ごとそのまま、房になった実を、手づから摘んだ。その中には色合いを愛でて青い実すら交えておいた。
 そうして葉も! ……要するに、誰でも不慣れな物事をするときのようにして、あらゆる手厚さと嬌艶の趣をこらして、1人の芸術家によって摘み取られた驚くべきイチゴ。
 そうしてそれに赤いスグリのよくなった一枝を添える。
 私はこうしてセーブルの町々を通り抜けた。そうして私は汽車の中ではかごをひざの上に載せた。ただしその一粒さえ傷も痛みもなかったイチゴを私の体温でしぼませないように、その下を風が通るために、少しく宙に浮かせて持っているだけの十分の注意をして。
 ロザリは笑っていた。──もしかお家の方に見つかったらどうでございましょう、マドモアゼル!
 そんなことがあり得るだろうか!
 ──でもこれだけのことに値しているのは彼の絵のせいである。──値しないのは彼の顔のせいではない。彼の絵はあらゆる敬愛に値する。…… ──するとイチゴを食べるのは彼の絵だということになるだろう?
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 13:44 | 1884(25歳)

1884.06.28(Sat)

 私たちはルジャンドル街へ行く。まず彼は私たちを迎えるために起き上がって、部屋の中を数歩歩く。このように変わり果てた有様を見せるのをどんなにか恥じているように私には思われた。
 非常な変わり方、おお! 非常な変わり方だ。しかしそれは彼の持病の胃から来たのではない。私は医者ではないけれども、そうとは思えない。
 とうとう私は、彼があんまり変わっていたので、ただやっとこれだけしか言えなかった。──まあ! よくお帰りなさいましたのね? ──彼は気むずかしくはなく、実に人好きのする、実に友愛に満ちた、実に親切な態度になって、私の絵については、決して賞牌のことなどを気にかけないように、成功は十分だからと繰り返し繰り返し私に言う。
 私は彼に病気が欲しかったのだろうと言って彼を笑わせる。そうして、彼は太ってきたから、かえって良かったと言った。
 建築家は彼の病気がそれほど陽気に、それほど落ち着いていられるのを見て、喜んでいる様子であった。それに勇気を得て、私もおしゃべりになる。彼は私の着物から、洋傘(オンブレル)の柄のことまでお世辞を言う。彼は私を長いすの彼の足のところにかけさせた。……かわいそうにやせこけてしまった足! ……目は大きく見開いて、非常に明るく、髪の毛は乱れて。
 でも彼は非常に面白い。私は、彼が要求しているから、また彼を見舞おう。
 階下まで私を送り出した建築家も、やはりそうしてくれるようにと私に言う。
「そうしてくださるとジュールはたいそう喜びます。そうして彼はあなたに会うのを非常に幸福に思っています。彼はあなたがたいそう才能を持っていらっしゃると言っています。全くです!
 私は私の受けた歓待を忘れない。私にはそれが非常に満足であったから。
 しかしそれは非常に平和な、非常に優しい、母性的な感情であって、それを私は1つの力であると自負している。彼はきっと治るだろう、……確かに。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 13:34 | 1884(25歳)

1884.06.27(Fri)

 私たちがボアを散歩しようとしてちょうど出かけようとすると、建築家(弟のバスティアン・ルパージュ)が来て馬車のそばへ進み寄る。彼らは今朝着いたが、ジュールはだいぶ良い方だと、彼は私たちに言う。途中は無事だったが、しかし不幸にも外出は出来ないという。彼はアルゼリで私の絵の写真を見せると皆から好評を博したのを私に語って喜びを共にしたがっているという。
 ──では私たちは明日あの方をお訪ねいたしましょう。母はそう言う。
 ──あなたはこの上もない喜びを彼にお与えになりました。彼が言いますには、あなたの絵は……いやしかしこれは彼から直接お話しするでしょう。その方がよろしいでしょう。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 13:31 | 1884(25歳)

1884.06.25(Wed)

 1875年、1876年及び1877年の日記を再読せよ。私はそこで自分では何とも知られない事柄について自ら嘆いている。それは何かある無限のものに向かっての向上心であった。私は毎晩傷つき力尽き、勇気がなくなって、凶暴と絶望をもって、何をしたらよいかを探し求めるために自分を使い果たしていた。イタリアへ行く? パリにとどまる? 結婚する? 絵を描く? 何になる? イタリアへ行けばパリにいられない。私は同時にどこにもいたかった!! そこにはなんと力があったことだろう!!! 男なら、私はヨーロッパを征服してしまったかも知れない。若い娘であった私は、過度の語学や、偏狭なばかばかしさで自らを消耗してしまった。みじめだ!
 人は無邪気にも何事でも成し得ると自ら信じるようなときがあるものである。「もし私に時があったら、私は彫刻をしたい、著作をしたい、音楽者になりたい!」
 これは人をむさぼり食う火である。そうして死が終局である、避けがたい終局である。──私がむなしき希望によって自らをすり減らしてしまうと否とにかかわらず。
 しかしもし私が何でもない人間なら、もし私が何でもないものになるに決まっているのなら、私が物事を考えるようになって以来のこうした様々の功名の夢はなにゆえか? 私が最初には富や爵位のごときものとして思い描いていた偉大を欲するこの狂せんばかりの野心はなにゆえか? 私が一つは他の引き続きとして起こるような2つの考えを持つようになったときから、すなわち4つの年から、光栄な、偉大なる、混沌としているが、しかし広大無辺な事柄を危惧していたのはなにゆえか? 私は子供らしい頭の中に何もかも持っていた! ……まず第一に私は踊り子であった、ペテルブルグ中が崇拝されていた有名な踊り子であった。毎晩私はロオブ・デコルテを着せられて、頭に花を飾って、客間で、家の人たちの皆見ている前ですこぶる荘重に踊った。次いで、私は世界一の歌手だった。私は歌いながら竪琴を奏でた。そうして私は、凱歌のうちに運び去られた。どこへか、誰からかも私は知らない。次いで私は弁舌をもって群衆を電気をかけたように感動させた。ロシアの皇帝は王位を安泰ならしめるため私と結婚した。私は私の人民と親しく混じって暮らした。私は演説をして、私の政策を説明した。王者も人民も涙をたたえて感激した。
 それから私は愛した。愛された男は私を裏切った。もし彼が私を裏切らなかったとすれば、私がもうそれほど彼を愛していないように感じ出したちょうどその瞬間に、何かしら災難が起こって、例えば落馬とか何とかいったようなことで死んでしまうのである。それで今度は、他の1人の男を愛しだした。しかしそれがすべていつも非常にうまく、非常に道徳的に運ぶのであった。なぜと言うに、彼らは死ぬか、出なかったら私を裏切ったから。私は死んだ男たちのことは自ら慰めた。しかし裏切られた場合は、それは嫌悪であり、限りなき絶望であり、そうして私の死であった。
 要するに、あらゆる方面において、あらゆる情操と、あらゆる人間的な満足とをもって、私は実際よりも大きな夢を見た。もしそれが実現されないものならば、死んだ方がましである。
 どうして私の絵は賞牌を得なかったのか?
 賞牌! ……それは私が助力を受けて描いたものと彼らは(彼らの間の多くのものは)考えたに違いない。自分の絵を人に描いてもらった女たちに賞牌を授与したようなこともすでにあった。そうしていったん賞牌が授与されたとなると、次の年は権利として入選する。だから最も恐るべき殴り描きの絵でも送ることが出来る。
 そうして私はと言うに、若くて、美しくて、そうして諸新聞に書き立てられている! あの人たちも皆同じだ。……例えばブレスロオもそうである。彼女は私のモデルに向かって、もし私がもう少し舞踏会などへ行かないようにしたら、私はずっと余計才能を示し得たかも知れないと言った。ああした手合いは皆私が、毎晩社交界へでも出入しているものと思い込んでいる。いかに外容は人を欺きやすいものであるだろう! ただ絵を私の描いたものでないように想像する。これはあまりにひどい。そんなことを言った者は天の怒りに触れよ! トニー・ロベール・フルリは、結果が意想外であったと私に言った。なぜと言うに、彼が私のことを審査委員会の同僚に語るたびに、誰も彼もこう答えるのであった。──非常に良い非常にうまく行ってる
 ──そう言われたときにどう考えたら良いとお思いです? ロベール・フルリは尋ねる。
 それでこれが疑問となる。……
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 13:28 | 1884(25歳)

1884.06.20(Fri)

 建築家がアルゼから私に手紙をよこす。私から出した手紙には、おしまいの方に私たちの首を3つ描いて、おのおのの首に賞牌を掛けてあった、ジュール(兄のバスティアン・ルパージュ)は来年の名誉賞牌を、私は第1賞牌を、そうして建築家(弟のバスティアン・ルパージュ)は第2賞牌を。私はまた彼に「つどい」の写真を送った。すると彼は、それをすっかり兄に見せたところ、兄は、噂に聞いていた絵の概念がつかめたのを非常に喜んで、彼もそれを非常に良い出来だと言い、こう叫びだしたと言ってよこしたのである。
 ──彼らはこの絵に賞牌を与えないというのは何というばかだろう、実際私は非常に良いと思っている! ──彼はぜひ私に手紙を書こうとしたけれども、不可能であった。彼は依然として悪い。でも、悪いにもかかわらず、彼は7日たてばパリへ帰ろうと決心をした。彼は私によろしくまた刺繍の礼を言ってくれるようにと、建築家に言づてて来た。
 これが1年前だったら、私は有頂天になって喜んだに相違ない。彼は私に手紙を書きたがっている! それだけはさすがにうれしい……回顧してみれば。なぜと言うに、今となっては、私はそうしたことには、まずほとんど無頓着であるから。
 手紙の下の方には、1886年の名誉賞牌を掛けた私の顔が描いてある。
 彼は私が私の手紙で彼の兄を慰めておいたデリケートな仕方には心動かされたであろう。手紙は鹿爪らしく始まって、「励ます言葉」を書き立て、そうして冗談で終わっていた。それは私の一番手に入った文体なのである。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 12:04 | 1884(25歳)