カテゴリ:1882(23歳)( 94 )

1882.10.23(Mon)

 土曜日の朝の一同の驚き。公爵たちの言い訳! 電報で近所の領地へ呼ばれたから狩猟に行かれないと言うのである。私は着物を替えるのも非常に苦しかった! それは悪い牛乳を飲んで病気になって、黒いビロードを着るのにも大層骨が折れたほどであったから。しかしこれを着ると平凡に見える気遣いはない。父は青くなり、母は赤くなった。
 でも私は笑った、しかも心から。ついに私たちは出掛けた、悔し紛れに、腹立たしくなって。ミセルのところまでにしようということになって。ミセルは盛んな朝飯を支度して私たちを待っているはずであった。馬もそこで息を入れることになっていた。
 やがて、私たちはいくらか気も落ち着いて道を進んだ。──それでも帰りのことについて5分ごとにけんかをしながら。私たちは広い野原で止まった。父とポオルとミシカは降りた。議論は馬車の戸口まで続いた。母はミシカに対する口実として病気だと言いだした。
 ついに父が御者にもう私たちの言うことを聞くには及ばないと言ったので、私たちはまた出掛けた。半分笑いながら、半分気は進まないながら。言うまでもなく誰も私たちのつまらない計画を考え得る者はない。もしそうなったら私たちは喜ぶだろうとは誰にも見当は付かないだろう。誰も私が来ていようとは想像しているはずはない。ただその権利を知っている私たちのみが、泥棒かなんぞのごとく、それが私たちの顔に書いてありはしないかと恐れている。アレクサンドルは私たちが公爵たちと一緒に来るかと思っていた。彼は私たちとミシカだけが来ることを予想していたのならば、費用は惜しまないなどとは言わなかったであろう。ミシカとても多少の失望をば感じていたに相違ない。あなたにはこの2人の男がここの人たちの想像に対して何を表していたか、想像もつかないでしょう。アレクサンドルはカアルコフへ3人の料理人を連れに行ったのです。……
 しかし猟は見事であった。──オオカミが15匹とキツネが1匹捕れた。天気は良かった。私たちはうち開けた森の中で、400名以上の百姓と一緒に食事をした。百姓は私たちの鉄砲の方へ動物を追い立てた。……私たちの鉄砲、こう言うと少し大げさである。なぜと言うに、私は1匹も見なければ、1匹も撃たなかったから。オオカミは皆左の方へ行った。私は右の方にいた。父も、ミシカも、ガルニツキも皆右の方にいた。私は1匹のキツネを見た。けれども弾着距離のほかにあった。それから飲み物が百姓たちに分けられた。ああ! 私は私の成功した発射のことを書き忘れるところであった。
 1人の百姓が木の頂上に登った。私たちは火酒の瓶を1つ彼に投げた。彼はそれを一番高い枝にいわい付けた、もちろんそれを空にしてから。それで私たちは慰みにその瓶を打った。皆がそれを少しずつ壊した。──私までも。アレクサンドルは大喜びで私に千のお世辞を並べ立てた。ナヂイヌも。彼らの息子のエチアンヌは14のかわいい子どもで、陸軍幼年学校の優等生である。
 献立と酒については何人もこれ以上のものは望めなかった。景色も非常に良く、家も良く整頓して。私は今初めて祖父(ババニイヌ)がどの程度まで芸術的で聡明で卓越していたかを知ることが出来た。花園、荘園、池、並木、私はそれらの1つをも変えたくない。実に称賛に値する。今は秋でしかも10年も荒廃にいしていたにもかかわらず、偉大なる美観である。ガヴロンチもチェルニアコフカに比べればいとうべきものである。
 部屋も皆良く整って、家庭の感じを与えて、はなはだ愉快である! 百姓の女たちは美しく、誰を見ても皆絵のようである! あなたは覚えておいでだと思いますが、去年私はガヴロンチで何を見てもどうして良いか分からなかった。あるいはそれは私がまだ子どもだったからでしょう。……否、それはただ美しいからである。記憶というものは全く別なものになっている。
 それから玉突き台、以前からここにあった小さい玉突き台。……母は子どもの時からそれを覚えている。私はそれに届かなかったころのことを覚えている。私は大きな白い空の客間でピアノを弾いて、祖母が以前良く長い長い廊下の端の部屋の向かい側の隅で聞いていたことを思いだした。今生きていてもまだ65を越えてはいないだろう。
 私たちの食事をした部屋に祖母は3日間威儀を正して横たわっていた。他の人たちもそのときのことを思い出したかどうか私には分からない。けれども私は感動させられた。……人は何もかも忘れてしまう。祖母が生きていたらば私のことを誇りにしてくれたであろう。──そうして喜んでくれたであろう!
 ああ! 昔の人たちをよみがえらせることが出来たなら、どんな熱心をもって取り囲むであろう! 祖母は苦しみよりほかに何も持たない人であった。
 今夜は母の主催するような良い夜会の1つがある。ろうそくは皆ともされ、戸は皆開かれ、7つの大きな客間は人で一杯に満たされたように思われた。私たちの人数は16人以上ではなかったけれども。
 エチアンヌはピアノをかなり良く弾いた。それからワルツを。ミシカはスタロヴォイを肩に乗せて部屋の中を3度ワルツを踊り回った。
 狩りの世話をした警官たちも正餐に招待させた。
 花火が上がっている。その火で草ぶきの低い鶏小屋が火事になったのだからお祭り騒ぎは完全になったと言えよう。これは非常な安価で皆に感動を与えたようなものである。男女の召し使いたちは野ウサギのように駆け回っている。水おけと水おけとぶつかる。そうして大きな叫びが上がる。主人側にとっても客にとっても夜狩りである。火と木立とあって実に美しかった! 私たちは白い着物に繻子(しゅす)の上靴を履いたままで現場に駆け付けた。そんなものを着たり履いたりしていなかったから、私もミシカや父やポオルや警官たちのように火の中に入ったであろうに。
 父は静かに火の中にあった。父は鶏を皆助けてやった。かなりの危険さえも冒して。面白いばかりで、何らの心配もなかった。花火と災難の発頭人なるユダヤ人は一生懸命逃げ出して、約半時間の道のりにあるポオルのカッテエジで、ポオルと共に夜を過ごした。父は彼に明日の旅行の分として3ルーブル与えた。けれども彼は馬車の後にぶら下がって40ヴェルストの道を駆ける方を選んだ。私たちは半道来るまでその旅行者に気がつかなかった。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-30 20:07 | 1882(23歳)

1882.10.20(Fri)

本文なし
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-29 21:49 | 1882(23歳)

1882.10.19(Thu)

 私たちはついにここで彼らと一緒になった。彼らはミシカと共に朝食の時分に到着した。兄のヴィクトルはすらりとして薄黒い。そうして大きなわし鼻をしている。彼はやや丈夫で、厚い唇をして、容ぼうに特長がある。そうして快い動作をする。弟のバシリは背は同じくらいだけれども、兄よりはもっと丈夫である。彼は血色の良い顔に狡猾(こうかつ)な目をして、非常にきれいなブロンドの髪をしている。騒々しくて、がさつで、獣的で、そうして……不作法である。私は昨日と同じ上着の、白い毛織りで、短くて、極端に簡単なものを着て、古風な赤い羊皮の靴を履いている。私の髪は、頭の後ろの方で結んで巻いてある。それは私の輝かしい日の1つでもなかったが、しかしまた私の最悪の日とも見えなかった。
 非常に良い天気であったので、眺望の良い山まで散歩に行く組が出来た。それはトレドの近傍の田舎のようである。これらの青年たちは世間の人たちのごとく、そうしてロシアの士官たちのごとく話をする。彼らは全く若い。兄も23にはなるまいと思う。私は一日中微笑したり、話をしたりするので非常に疲れてしまった。なぜと言うに、彼らは自分たちの領地の巡視をさせた執事と大事な約束があるとか、その他いろいろ説明するにもかかわらず、父が無理に言って彼らを晩さんに引き留めたからである。無理に人を引き留めるこの国の習慣は、非常に愚である。それはむしろ私を悩ました。
 一事件。彼らの御者が酔っ払った。こんなことはここではしばしば起こるらしい。それで、世間ではもっとも自然なことであったけれども、公爵バシリは出て行って、拳でそのかわいそうな男を打った。そうして拍車で彼を蹴った。それは見る人の背中に冷たい震えを与えるではありませんか? この青年は恐ろしい。これに比べれると兄は同情的に見える。
 私はこの兄弟のどちらかに打ち勝ちうるであろうとは信じない。私は彼らを喜ばせ得る何物をも持たない。私は中背で、調和の取れた体をしていて、尋常のブロンドである。私の目は灰色で、大きな胸部も持たなければ、地蜂の腰も持たない。そうして私の品性に関しては、自慢することなしに、私は彼らよりも卓越していて、彼らに評価されるいわれはない。
 また世間の女としては、私は彼らの立ち混じっている女たちより少しも勝った魅力はない。
  サラ・ベルナールは聖ペテルスブールの停車場に着くと、失望非難のささやきを浴びせられた。それは人々が背の高い、暗色の、大きな黒い目で、無造作に束ねた黒い髪毛をした人を見いだすだろうと予期していたからである。このばかばかしいことを除けば、彼女の才能について、彼女自らについて形作られた意見ははなはだ健全なものであった。私はロシアの新聞がマドモアゼル・ドラポルトをサラの上に置いたのに同意見である。それならデスクレエはどうだろう? 私には、サラは歌を朗読するときの声の称賛すべき音楽を除いてはあまり問題でない。でも、なぜサラのことを書いたのかしら?
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-29 21:49 | 1882(23歳)

1882.10.15(Sun)──ガヴロンチ

 私たちはポルトヴァからガヴロンチへ真っすぐに来たので、けさは7時に寝床へ行った。母と父とヂナとカピタンが私たちを停車場まで迎えに来てくれた。ポオルの妻は産まれて15日目の小さい息子を持っている。小さい娘の方は一歳になって、長い黒い瞳を持ったかわいい子どもである。若いP…の家族の人たちは明日到着することになっている。ミシカは他の人たちと共にここで私を待っている代わりに、彼らの家に行った。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-29 21:44 | 1882(23歳)

1882.10.14(Sat)

 叔母は国境まで見送ってくれ、私は今ポオルと旅行している。諸所の停車場で私は写生をしたり Tras los Monte を読んだりしている。そんな風にして私はまたエスパアニュ(ゴーティエの紀行)を見る。ゴーティエの紀行は彩色写真のようだ。私のテオフィル・ゴーティエ愛好を全く妨げるものは何だろう? この紀行であなたを留めるものは何だろう? 彼は何かおかしな話を話しても、あなたを笑わせない。そうして彼は、それを世界一こっけいなことだとか、世界一喜劇的なことだとか、荒唐無稽(むけい)なことだとか言う。これは、ちょうど人が何か話をする前に、自分はそれを聞いて気違いのように笑った、など言うのと同一の効果を持っている。……けれどもそれ以上のあるものもある。それはおそらく文学と言えるほどまじめなものではなく、あるいは自然に流れていないのかも知れない。……しかしそれはことに彼が称賛されるべき美術について語るときにそうであると人は言う。彼はこの旅行においては美術について多くを語っていない。現にヴェラスケスを省いている。あれほど絵画を愛好した人としてそれは理解の出来ないことである。
 彼はゴヤについて語っている。ゴヤの絵はわずかしか私は知らないけれども、彼は疑いもなく大芸術家で、その素描も腐食銅版(エッチング)も称賛されるべきものであろう。だから彼はゴヤについて語っている。がしかし……ヴェラスケスは? 彼はムリーリョについても、その絵の魅力を語っている。しかし、ヴェラスケスは誰にも立ち勝って称賛すべきものを描いた。彼以上に自然な絵を描いたものはなかった。それは真実の肉体である。絵の具を塗るという見地から見ると、彼の絵は美術の頂上である。
 私たちはここで5時間汽車を待たされている。……ここはズナメンカ(南ロシアのある乗り換え場)というところである。ここで私はゴーティエやヴェラスケスなどのことを語っているのである。寒い日で、空は灰色である。……もしこれほど寒くなかったなら、外へ出ているのにどんなに良い天気だか分からないのに! 私はすべての田舎においてのごとく不良な天候にさらされて色のなくなった着物を着ている百姓たちを見た。そうしてバスティアン・ルパージュの絵がいかに自然に忠実であるかが分かった。「調子は灰色で、空気は単純で、人1人いない。」アトリエの中の誇張した効果における自然のみを知って、戸外の自然に慣れない人たちはそう言う。しかし自然はその通りである。彼の描写はより真実でもあり得なければ、より忠実でもあり得ない。全く幸福な人ではある、バスティアンこそは! それに私はどうであるかと言うに、私は漁夫の絵の不成功のために絶望してパリを去ったのである。
 しかし私はサロンに出品するために3月には完成するように試みるであろう。
 それを描き直すことを私に忠告したのはロベール・フルリである! 背景と着物は現在のままにしておいて良い。ただ首だけ描き直せばよい。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-29 20:03 | 1882(23歳)

1882.09.24(Sun)

 日は過ぎていくが、いつも同様である。8時から5時まで絵。晩食前まる1時間入浴。それから無言の食事。新聞を読む。たまに叔母と話をする。叔母は退屈に相違ない! かわいそうに。私は確かに愛想の良い女ではないから。叔母はどんな利益をも持ったことはなかった。なぜと言うに、以前はいつも美しい私の母のために犠牲になっていた。そうして今では私たちのためにのみ、私のためにのみ生きているのに、私は数分間一緒になっていても快活に愛想良くすることが出来ない。私は自分の弱点について考えていないときには、沈黙が幸福なのである。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-29 19:57 | 1882(23歳)

1882.09.22(Fri)

 昨日私は漁夫の絵をR・Fのところへ持っていった。──悪くはない。しかしそれだけである。彼の意見によると、それは大層良くまとまっていて、首の表現も大層良く、画布の上に良く置かれている。けれども絵の具が薄く、縁が堅く、人物が空気にひたっていないと言う。この批評はR・Fの批評でももあれば、私自分の批評でもある。私はそれを良く知っていた。そのとき私は私の進歩と勉強のことについて話した。そうしてついうかうかと私の失望と、自分でも何らの自信を持ち得ないことを白状してしまった。……私はお昼まで座っていた。R・Fは彼がジュリアンと私の話をして、私の計画や野心についていろいろ話したという話をした。実際、昨日彼は私を哀れんだのである。そうしてジュリアンと2人で、私はアトリエで何か簡単な仕事をした方がましで、外光の骨の折れる仕事は私の現在の力には荷が勝ちすぎる、そのために失望するのだということに意見が一致したそうである。彼は私の感情をおもんばかって、非常に注意深くそれを話したので、私は泣きだしそうになった。彼は私が老漁夫の絵で成功しなかったから失望しているのだと思っているらしい。その絵の成功はジュリアンが私に期待させていたので、彼はその失望から私を救い出したいと思っているらしい。それで彼は、誰だって急速な進歩をするものではないということと、私は非常に良く進歩しつつあるということをいつものように話して、自然が許す以上に早く進もうとしている私の焦慮を心から笑っていた。昨日も彼は、私には驚くべき才能があるということと、ただ進みさえすればよいということと、何事に対しても昨日愚かな愚痴をこぼしたかと思うと今日はぼうぜんとして暮らして、それきり奨励を信じなくなってしまうと言った。私は私自らをあまりにつまらないものにしてしまって、それが憐憫であるということも信じなかったのである。
 私の絵に関しては……その話を私はしようとさえしなかった。例えば、空気がなまりとなって私の顔の皮膚を地上に引き付けるかとも思われて。……
 この2人の人は、私が不平を訴えて、愚かにも私の野心の大きいことを示して以来、それは私にとって楽しみでも慰みでもなく、私は絶望に陥っていることを知って、思慮ある忠告以外には、何物をも私には与え得なくなった。彼らは2人の忠実な医者のごとく、私に有効な療法を命令する。これによってみると、私は顔1つも描けないものらしい。……つまり絵は描けないものらしい。アトリエのけいこはいつも十分良いにもかかわらず、……私はあの老漁夫の絵に愚かな希望をかけながら結局苦悩しなければならなかったのである。……私にはもう真実はつかめないのであろう。それで……ブレスロオは? ブレスロオは2年半も私より先に出た。それは何を実証するか? 何にも実証しない。2年前に彼女は、今の私よりも進んでいた。彼女は6年半絵を描いている。私は4年にしかならない。ただしどちらの場合にも私は描くことをば勘定に入れていまい。だから1884年に私がブレスロオほどのことが出来ないならば、私は彼女に劣っているのである。
 私はそのことは聞かなくとも分かっている。丸1年間私は殉教の苦を受けた。実際、残酷な苦難であった。自信と勇気と希望の喪失であった。私は何にもならない下らない確信を持ってただ仕事をしていたのである。それが私をまひさせる! 良い絵を描くよりほかに再び私を高めうるものは何にもない。……しかもそれはこんな精神的不幸においては不可能なことである。
 実際、考えなければならぬことはただ1つである。それは私が老漁夫を良い絵にすることが出来なかったことである。私は幸運にも独創的な、興味ある、芸術的な題材に手を付けながら、何物にもすることが出来なかった。それが忌まわしい。
 私は疲れ果てている。すべては終わりになってしまった。私の全存在までが滅ぼされている。……そうして私はこの恐怖の情を表現する言葉さえ持たない。ペンを取る力さえなくなった。……今から弁解すれば、そのときは雨が降った。私が絵を仕上げようとするといつも邪魔された。実際、私はまだ人に見せるまでに行ってない絵を持ち出さなければ良かった。けれども私は仕事を続けることは出来なかったので、忠告をしてもらいたかったのである。
 そのときトニーは私の頼りなさを見て、外光は私には骨が折れすぎると言った。……明日私はグラン・ジャットに帰って、絶望の精力と怒りを持って再び始めよう。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-27 08:09 | 1882(23歳)

1882.09.18(Mon)

 私のかわいそうなモデルが病気なので、5時ごろ帰ってみると、R・Fが彼の背景を探していた。私たちはまたも外光の絵について話した。……こうして努力して聞かねばならぬことが、どれだけ苦しいものであるかをあなたに知っていただきたい!! 私はこれまで求めていたものを皆避けている。私は人と一緒になることを恐れている。……それは恐ろしいことである。しかし要するに私の芸術的良心を指導する光栄を持ったこの画家は、私のために改宗させられて、外光で絵を描くようになるだろうと私は信ずる。その上、彼は、外光に対して異議のないことと、大体において私たちは同意見だと言うことを言っている。それは本当であろう。
 私はバルザックを読んでしまった! そうしてこの点においては私は彼のド・マルセエと一致している。それは第1の自我の不断の無感覚な観察者となっているこの第2の自我について語るときにそうである。彼は今では死んでいる。……人は世界的天才を持っている人を愛する以外に、愛することの幸福を知ることは出来ない。……バルザックにおいて人はあらゆるものを見いだす。……私は彼が考えた通りのことを幾たびも考えたことを誇っている。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-26 07:51 | 1882(23歳)

1882.09.14(Thu)

 ジュリアンのところへ絵を持っていったらば彼は非常に満足した。漁夫の絵も仕上げようと思う。これは成功するかも知れない。……そうだ。仕上げだ。いつも同じ忠告を受けている。……彼の言うことは少しも無理ではない。それから彼はバスティアンの「ジャック」は良く描けてはいるが、あまり多くの意味は持っていない、しかし漁夫は生きてると言った。……それは1つの型である。こんなのがいくらでも見られる。それは何物を得ないでも幾時間も待っているおとなしい人である。その首は水に対して浮き彫りのように際立っている。もしこれが良く行ったら! ……しかしそこにはすでに良い品質はあるが、問題は、……それから傘をさしている小娘。私は私の日記の中に見本を書いてあるような芸術上のいろんな思想を並べていきたいと思う。彼は言う。そんな思想のために私は変わってしまって、文学的で「芸術的」になっている、が考える以上のあるものが必要なのである。……しかしそれはどうでも良い。それはむしろ私を進歩させるものである。絵のことを思うと私は全く気違いになってしまう。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-25 07:46 | 1882(23歳)

1882.09.06(Wed)

 私は芸術家ではない。私は芸術家になりたいと思って、自分でも聡明だからいろんなことは学んだが。……してみると、ロベール・フルリが私の始めたころ、私は学んで得られない物を持っていると言った言葉は何と説明すべきであろう。彼は誤解していたに相違ない。
 私は芸術上のことでも、そのほかのことでも、聡明と熟練を持ってする。それだけに過ぎない。それならばなぜ4歳の年に田舎の家のトランプ台に白墨で人の首を描いたりはしたのだろう?
 子どもは誰でも絵を描く。しかし絶えず描きたいとか、版画を模写したいとか、なぜ思うのだろう? まだロシアにいたころから、その後11歳になってニースに移ったころから? そのころ私は絵の才能があると思われていた。それで教師について2年ばかりけいこをした。
 私はいつも健全な指導を望んでいたので、その他にも2、3人の教師を持った。そうして2、3のけいこを受けた。言い変えれば、皆と2、3時間くらいは一緒に仕事をした。
 実際……考えてみると、私はいつも絵を学びたいと思っていた。そうして努力したけれども指導してくれる人はなかった。それからイタリアの、ローマの旅行が来た。小説に書いてあるように、芸術の美を鑑賞することは予備的指導がなくては不可能である。しかし私は白状する。私は絵の美を、品質を、次第に徐々に鑑賞するように目が開いてきた。……その結果……私は自信を失い、勇気を失った。私は不具である。私は色の美を鑑賞することは出来る。けれども、正確に言って、自分でそれに到達しているとは言えない。なぜならば、色においても仕上げにおいても良いものは2つ3つきり描いていないから。もし良いものが幾つでも出来たとすれば、まだ出来るわけである。……そう思うと勇気が出る。……私は芸術としての、画家としての自分の役目にさよならを告げようかと思っている。言い変えれば、私はそれほど絵がまずくはないけれども、彫刻家になった方が成功するだろうと思っている。……私は色では表現の出来ない……形、動作、姿勢のある概念を持っている。……
[PR]
by bashkirtseff | 2010-05-24 08:10 | 1882(23歳)