カテゴリ:1878(19歳)( 96 )

1878.12.29(Sun)

 私は長いすに頭を持たせかけて8時まで熟睡していた。寝床から出てこんな風にして眠ることは何という心地よいものだろう。
 私は美術をとらえていられなくなった。そうして何物にも私の心を落ち着けていられなくなった。私の書物は皆梱ってしまっている。私はラテンも古典も忘れてしまって、全くのばかになってしまったような気がする。殿堂や円柱や、イタリアの景色のことを思うと、この乾燥した、利口な学問のある開けすぎたパリが嫌でたまらなくなる。人間はここでは皆醜い。ここは高級な者にとっては楽園であるそうだが、この楽園は私にとっては何物でもない。おお! 私は自分で間違っていたことが分かってきた。私は賢明でもなければ、幸福でもない。私はイタリアへ行きたい。旅行がしたい。山と湖と森と海が見たい。……けれども私の家族の人たちや、おびただしい荷物や、彼らの毎日の小さい口争いや告げ口や煩わしさなどはどうだ? ああ! 否、100倍も否である。旅行の楽しさを楽しむのには、私は待たねばならぬ。けれども時が過ぎ去る。それはなお悪いことである。私は自分でその心にさえなればイタリアの公爵と結婚することがいつでも出来る。だから待つことにしよう。……
 私はイタリアの公爵と結婚しても、なお美術家ではありたいと思う。金が私の物であるだろうから。しかし私はそのうちのいくらかを公爵に与えねばならぬ。……それからも、私はここにいて絵を続けようと思う。
 2日間で仕上げた私の絵が土曜日に少しも悪いと言われなかった。──あなたには知っておいて頂けるでしょうが、私がフランスにでも、イタリアにでも、その他どこにでも好きなところに住んでいられると思うのは、誰かあるイタリア人と一緒になってのみであります。何という楽しい生活でしょう! 半分はパリで暮らし、半分はイタリアで暮らすのである。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-03 12:06 | 1878(19歳)

1878.12.27(Fri)

 1週間アトリエに行かなかった。この3日間私は回想を書き留めておこうと思っていたが、どうしても思い出せない。私は3階にいる若い婦人の歌い声で気を散らされて、イタリアにいたころの日記を繰り返して読んだりしていると、私の思想の糸は断ち切られ、楽しからぬでもない物憂い心持ちが逃げてしまった。
 私がそのころ極めて単純な出来事を記すのにも大げさな言葉を平気で使っていたことを思うと、今では不思議でならぬ。
 しかし、そのころ私の心は高い感情で満たされていたから、不思議な、物珍しい、ロマンチックなことが書けないのが気になって、自分で自分の感情の通訳者になっていたのである。絵を描く人ならば私の言っていることが分かるであろう。それはそれでよい。けれども私にどうしても分からないことは、聡明でありたいと思う娘が、なぜ男とか書物とかの価値を評価するためにいま少し学ばなかったのであろうということである。私がこんなことを言うのは、私の家族の者が、例えば、A…はつまらない人物であるとか、その人のためには最小の面倒を見るにも値しないような人間だとか、いったようなことを私に話してくれねばならなかったはずだと、私は今にして思うからである。要するに、うちの人たちは、彼のことを全く無分別に私に話して聞かせた。これは私の母が私より若いからである。けれども、それにもかかわらず、私は自分の聡明ということについて高い意見を持っているから、よりすぐれたる判断者となって、彼を普通一般の人と同様に取り扱って、私の日記の中においても、その他のものにおいても、彼を大きく認めなかったのである。
 けれども私は記すべきロマンスを持ちたいと思う心で満たされていた。実に私は愚かであった。ロマンスなくしていっそうロマンチックであった、と言えるだろう。要するに、私は大言壮語はしていたものの、まだ若くて無経験であった。これだけのことはどんな不利益になっても私は自白しておかなければならぬ。
 さて! 今私は誰かがこう言うだろうというような気持ちがする。あなたのような気の強い女は、自分の言った言葉を取り消さないものだ。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-03 12:04 | 1878(19歳)

1878.12.21(Sat)

 今日は少しも良いことをしなかった。絵は思うように進まない。ブレスロオと同じような仕事が出来るまでにはまだ6カ月以上かかるだろうと思う。彼女は実に有名な女になるだろう。……よほど変わった混成物とでも言おうか、もし変わっているということが今日ありふれたことでないとすれば。
 絵は思うように進まない。
 ──ねえ、私の娘さん、あなたは2カ月半たったばかりでブレスロオの方がうまく絵の具が使えるというようなことを思っております。でも、ブレスロオは静物と石こうを描いて絵の具をやったのです。
 6カ月前にロベール・フルリは今朝私に言ったと同じことを彼女にも言った。──あなたの絵はあまり滑らかすぎます。調子も生で、冷たい感じがします。これを早く抜け出すようになさい。もう1、2枚模写をしてみなさい。
 彼女は10カ月彩色を続けても飽きなかった。私は10週間で嫌になって良かろうか?
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-03 12:02 | 1878(19歳)

1878.12.16(Mon)

 氷が張って、雪が降っている。私はただ仕事に休息を見いだすのみである。残りの2時間を読書と昼寝とで過ごす。
 これまで私は今日ほど気のくじけた、失望した、疑惑的になったことはなかった。私は世界中の何物にも心を用いない。
 仕事はしているけれども、ただ機械のようにしているのである。私はよい写生を描いて褒められねばならぬ。そうすれば私の興味を芸術家の名誉において取り返すことになり、生きていく理由ともなるであろう。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-03 12:01 | 1878(19歳)

1878.11.24(Sun)

 私たちはナヂイヌと古代博物館を見に行った。何という単純さと何という美しさであろう!
 ああ! 再びもう第2のギリシャは出現しないであろう!
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-03 12:00 | 1878(19歳)

1878.11.23(Sat)

 ロベール・フルリがまた私に「真の芸術的未来、実力ある画家の未来!」ということに関して話した。彼の使った言葉をいちいちは覚えてない。けれども彼は私が今夜描いた全身の習作について話したのである。それを聞きながらブレスロオは厚意ある尊敬の顔つきをして私を眺めていた。それは自分で嫉妬しているように思われたくない時にする顔つきであった。
 彼の話は今週の首についてではなかった。なぜと言うに、私の描いたのは非常にまだ貧弱で、それについてとやかく言われるべきほどのものではないから。彼は私の仕事の全体について話したのであった。私をいくらか不愉快にしたことは、彼に、アトリエの研究で満足しないで、写生をしたり、想像で構図をしたりするようにと言われたことであった。
 これまでの私の仕事は、いわば機械の仕事であった。これから私は自分の幾分をその中へ入れて、多少の独立を示さねばならぬ。
 彼が私に忠告した言葉によって、また彼が私を励ました言葉によって、私は自分もブレスロオと同じように彼に嘱目されていることが分かった。あなたは理解して下さるでしょうが、私は男というものを少しも問題にしてはいない。ただ教師を問題にしているのみである。なぜと言うに、私はいま一度あなたに言いますが、彼は人を驚かすほどの画家ではないとしても、なお教師として完全な人でありますから。
 ブレスロオと私とに対して、彼は特別に良く直してくれる習慣がある。
 今夜私はナヂイヌとポオルを連れてまた Amants de Véron〔ベロン(底本:「ヴェロオン」)の情人たち〕を見に行った。フィリッピノも誘った。カプウルとエイルブロンヌが非常に面白く歌ったり演じたりしていた。楽譜は2度目に聴いていると花のように開くかと思われる。私はいま一度行かねばならぬ。花はますます開いて、微妙な香りを放つであろう。この作品には巧妙な文句があるが、それを鑑賞するには忍耐と耳の敏感を持たねばならぬ。この音楽はその美を人に強いることがない代わりに、こちらから進んでその細かな弱い魅力を求めねばならぬ。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-02 13:24 | 1878(19歳)

1878.11.22(Fri)

 ブレスロオの将来を思うと私は恐ろしくなる。私は失望して悲しくなる。
 彼女は構図することが出来る。その構図には女らしい、平凡な、不調和なところは少しもない。彼女はサロンで注目をひくだろう。なぜと言うに、彼女の取り扱う表現のほかに画題そのものが尋常一様でないものを選ぶであろうから。実際、私が彼女をねたましく思うことは愚である。私は芸術上においてまだ子どもに過ぎない。しかるに、彼女は一人前の女である。
 何よりも私の絵のことである。しばらく光が隠されて何もかも、私の前に暗くなってしまった。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-02 13:06 | 1878(19歳)

1878.11.21(Thu)

 ブレスロオは私と同じようにほほを飽くまで自然に実物通りに描いた。私は女でありながら、競争者でありながら、そのほほに接吻したくなったほどである。
 こんなことは毎日の生活において時々起こってくる。人は自分の唇を汚さないためには、また自分の称賛しているものを滅ぼさないためには、あまりに接近しすぎないことが必要である。
 今夜ロベール・フルリはアトリエに来た。私の仕事は良く進んでいる。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-02 13:05 | 1878(19歳)

1878.11.20(Wed)

 今夜お湯に入ると急に美しくなって20分間ほど鏡に見とれていた。今夜私を見る人があったら称賛せずにはいられなかっただろうと思う。顔色が飽くまで輝きそれでいて柔らかくやさしみに満ちて、ほほには極めてかすかなセキチク色があるきりで、性格の力を示すものとては唇と目とまゆよりほかに何物もなかった。
 しかしどうか私を虚栄に幻惑している女だと思わないで下さい。私は自分がきれいでない時には、それがはなはだ良く分かる。今夜は久しぶりできれいになったのである。絵のことがすべてのものを飲み尽くしている。
 人生の恐ろしいことは、すべてのものがしぼんで、しわが寄って、滅びてしまうことである。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-02 13:04 | 1878(19歳)

1878.11.16(Sat)

 今日はロベール・フルリが大層ブレスロオを褒めてサロンへ出してみよと忠告した。受け合ってきっと入るだろうからと付け加えた。
 私はどうかと言うに、今週はあのアトリエの中での嫌われ者の老いたるG…と並ぶことになった。人間は良いけれども、知恵がなくて、いつも人の神経に障ることばかりしている彼女と。
 私の絵は今ではブレスロオと同等であるが、彼女は実地において私より勝っている。私はこれから幾月かかって彼女と同じくらいに絵の具を使えるようにならねばならぬ。それが出来なければ私の絵は取りえのないものになるだろう。しかしその7カ月なり8カ月なりの間も彼女はじっと止まってはいないであろう。だから私は歩みを早めて7、8カ月のうちにこれまでの遅れを取り返して、一緒に足並みをそろえて競争するようにならねばならぬ。
 これはなかなか難しいことで容易に出来そうにも思われないけれども神の恵みによって私は試みてみようと思う。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-02 13:02 | 1878(19歳)