1878.09.13(Fri)

 私は所を得ていない。私は男にもなれるほどのものを無駄に消費している。家政上のこと、全く零細な煩瑣(はんさ)なことなどについて、私は自分の思うことを述べようとして演説をしたりする。私は何物でもない。そうして実力あるものに伸びそうな能力はいつも浪費されたり誤用されたりしている。
 広場の真ん中に持っていって台座に乗せておくと立派に見える立像がある。それをあなたの部屋に持ち込んだら、どんなにつまらなく見え、どんなに厄介者にされるでしょう! あなたは毎日10度ずつもそれに脳天をぶっつけたり、ひじを打ち当てたりするでしょう。そうしてついには我慢が出来なくなってのろったりするようになるでありましょう。
 もし立像という言葉が私にとってはあまり都合の良すぎる言葉だと思うなら……何でもほかの言葉と入れ替えても差し支えはありません。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-11-26 14:31 | 1878(19歳)
<< 1878.09.21(Sat) 1878.09.04(Wed) >>