1878.05.13(Mon)

 午後の席に対するくじ引きがあった。1番が私であったが、まだ私が見えなかったので、その次の娘が私の席を取った。
 そのとき私が入って行った。するとブレスロオが私は席を取り損なったから最後に回らねばいけないと言った。こんなことはこれまで決して、決してなかった。あなたがその人にあなたの場所を譲ったとする。そうすればそのすぐ後に回るはずである。けれども末席に回されるのは不当である。私はそれが規則であるかどうかをムッシュ・ジュリアンに聞かせることにした。ムッシュ・ジュリアンはそんな規則はあるが、今まで用いられたことはないということと、私に対してそんな振る舞いをするのは恥ずべきことだということを答えた。私は腹を立てた。それで帰ってくると、私が遅刻したために愚かな嫉妬深い娘たちに勝手なまねをさせたのだと言ってやった。
 エスパアニュの娘が、私がアトリエから出て行こうとするのを見て、私をなだめに来た。給仕女も入って来て、慰めるようなことを言った。私はその2人に心配しないで下さいと答えた。私はきっと勉強してみせる。そんなつまらない、人を喜ばせるようなことのために、時間を費やすことは愚である。もう時間まで25分前であった。
 ──彼らは1時から2時まで1時間も私の時間をまんまとつぶしてしまった。私が言った。けれどもその25分をうまく使って私は絵が良く描けるように気を静めねばならぬ。そうして嫉妬からそんないたずらをするような女たちを怒らせてやらねばならぬ。その25分の間私は彼らに生涯のような思いをさせた。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-11-12 11:31 | 1878(19歳)
<< 1878.05.16(Thu) 1878.05.12(Sun) >>