1878.05.05(Sun)

 私はアトリエに通うようになってからもう7カ月である。
 アンナ・ノグランとまた展覧会を見に行った。私たちは実際に興味のある絵を除いてはただ瞥見(べっけん)するのみで、素通りに見て歩いた。
 私はドン・カロリュスの肖像を見て驚いた。描き方もまずければ、色も間違っていれば、似てもいない。ムッシュ・ティエール(底本:「チエエル」)の有名な肖像はサロンで見なかったから、今日初めて見るのであるが、色が暗すぎると私には確かに思えた。
 カロリュス・デュラン(底本:「カロルス・ヂュラン」)が私は一番好きである。その作品の生きている点において。ボナはその技巧において好きである。ボナの手は驚くべきものである。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-11-11 11:15 | 1878(19歳)
<< 1878.05.09(Tue) 1878.05.04(Sat) >>