1878.03.30(Sat)

 私は自分の席からモデルを見るたびに首を振り向けねばならぬことをば予想しなかった。この動作は私の神経に対しては我慢の出来ないものであって、私の絵はこの上もなくまずくなった。今度はきっと末席になるであろう。私は皆にそう話した。
 夜の級がおしまいになった。それで私は家で何かすることを考えねばならぬ。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-07-26 22:24 | 1878(19歳)
<< 1878.04.04(Thu) 1878.03.25(Mon) >>