1877.12.29(Sat)

 今日はムッシュ・ロベール・フルリに大層気に入られた。彼は少なくとも半時間は私の描いている実物大の2本の足の前に立っていて、また私にこれまで一度も絵を描いたことはなかったかとか、本当に真剣になって絵を学ぶつもりであるかとか、いつ頃までパリにいられるはずかとか聞いた。彼は私にどうして成功するようになったかと尋ねて、始めて油で描いたのを見たいと言った。私はただ慰みに描いていたと答えた。彼がいつまでも私のそばにいるので、皆が話を聞きに集まってきた。そうして皆の(多分)驚いている中で彼は私に絵の具を使いたければすぐ始めても良いと言った。
 それに対して私はそれほど絵の具が使ってみたいというのでもないということと、どっちかと言えば線画を完全にしておきたいということを答えた。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-04-26 20:25 | 1877(18歳)
<< 1877.12.30(Sun) 1877.12.22(Sat) >>