1877.12.12(Wed)

 1時に司祭と副司祭が来て、祖父様に最後の塗油式を施した。母様は泣きながら声高く祈っていた。司祭たちが帰ると私は食事に行った。人間の中には必要からとは言いながらどんなに多く野獣的なものが残っていることだろう。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-04-12 21:59 | 1877(18歳)
<< 1877.12.15(Sat) 1877.12.11(Tue) >>