1877.12.09(Sun)

 ドクトル・シャルコオが今帰ったばかりである。私は診察の席にいて、後で医者同士が話し合っているところにも立ち会った。それは私だけが平静に落ち着いていた人間であって、第3番目の医者か何ぞのような顔つきをしていたからである。とにかく彼らは今までは最後のことまでは考えていない。
 お気の毒な祖父様、彼が今もし亡くなったら、どんなに悲しまねばならぬだろう。なぜと言うに、私たちはよくけんかをしたから。けれども祖父様のご病気はしばらくのことであろうから、私は自分の性急な心持ちを償うこともあるだろうと思う。私は一番悪い間彼の部屋に残っていた。本当を言うと、私が病人のそばにいるのはいつもその病気が重大であるという証拠になっている。それは必要でない看護というものが私にはきらいであるから。そうして私はいまだかつて自分で不安を感じない時に不安な顔をして見せたことはなかった。あなたも見る通り、私は自分を褒める機会を決して見落とさない人間であります。
 私は左の目で新月を見た。それが私を苦しめた。
 どうぞ私が祖父様に対して乱暴なことでも言ったように思わないで下さい。私はただ祖父様を一人の対等の者として取り扱ったまでのことです。けれども何しろ病気であるから──しかも重い病気であるから、私は今となって後悔しております。そうして一言もものを言わないで何もかもこらえることが出来たならばよいと思っています。
 私たちは皆祖父様のそばを離れないでいる。なぜと言うに、誰でも出て行くと祖父様はすぐ帰ってくれるようにと頼むのである。ジョルジュもそばにいる。ヂナも離れないでいる。そうして何にものを言わないでいる。母様は心配して病気になった。ワリツキは、親愛なワリツキは、あちらへ行ったり、こちらへ行ったりしている。病人の面倒を見ながら、慰めたり、不平を言ったりしながら。
 私は今一言もものを言わないで何もかもこらえることが出来たならば良かろうと言った。私は虐待されている気の毒な人間のように思われる。こらえねばならぬことと言っては、別に何にもなかった。それでも私はいらいらしてならなかった。そうして祖父様も同じような気持ちになっていられたので私は我慢が出来なくなって、少し鋭い返事をしたりした。そうして自分の方が悪いことが何度もあった。
 私は横じまの外とうに包まれた天使のような真似はしたくない。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-03-13 22:01 | 1877(18歳)
<< 1877.12.11(Tue) 1877.12.08(Sat) >>