1877.11.13(Tue)

 ムッシュ・ロベール・フルリの意見はいつもムッシュ・ジュリアンの意見と一致しないので、後者の方が良く自分の思っていることを言わないで控えていることがある。階下の男学生はロベール・フルリ、ブウランゼエ(歴史画・肖像画家、当時53)、その他なお数名の教師を持っているのに、私たちはただロベール・フルリだけである。これは公平でない。
 やがてコンクールがあるはずである。第一には場所に対するコンクールで、機会は最上の学生に悪い場所を与えることもあり得る。またそれをいかに利用しうるべきかをも知らないような人に、それと反対の場所を与えることもあり得る。そうしてコンクールは1週間続くはずである。
 それは隔月に1回行われることになっているらしいが、ブレスロオは競技して良い場所を取れば2カ月たった後には自分に有功であったことが分かるからと言って、私に極力コンクールを受けるようにと勧めた。
 私は今夜8時15分前に迎えに来るはずの馬車を待っている間、今、筋肉の見えるようにして自分の形を研究している。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-01-08 22:56 | 1877(18歳)
<< 1877.11.14(Wed) 1877.11.10(Sat) >>