1877.10.27(Sat)

 今日はたくさんの褒め言葉をもらいだした。
 ムッシュ・ロベール・フルリは私が驚くべき進歩をしつつあるということと、私が実際に異常な才能を持っているということを話して、彼の満足と驚きを私に示した。
 ──あなたぐらいわずかなけいこでこれほどうまく描ける人はたんとはありません。この絵は大層よろしい。あなたとしては大層よろしい。私はお勧めしますから、マドモアゼル、うんと勉強しなさい。あなたは勉強なされば相当によいものが出来るようになるでしょう。
 相当によいもの、というのが決まり文句である。
 私は彼が、勉強をしている人はたくさんあるけれども、これほどは出来ないと言ったことをば信じる。けれどもそれをそれほどお世辞混じりの文句で言ったようには思わない。
 私はピンチオを見失った。その気の毒な動物は自分がどうなるかということも知らないで、いつも私に連れられて行ってたアトリエへ先回りして待っていた。ピンチオは小さいローマ種のオオカミ犬で雪のように白く、耳が真っすぐに立って、目と鼻はインクのように黒い。私は小さい巻き毛の白い犬は嫌いである。ピンチオは巻き毛ではない。そうして異常にきゃしゃな、岩の間のヤギのような姿勢をしているので、彼を見て褒めない人に出会ったことがない。
 ピンチオはロザリが内気である程度に利口である。ロザリは彼女の姉の結婚式に行っていた。彼女はけさ私をアトリエまで見送ってから出掛けた。
 ──ですがね、ロザリ、母様が彼女に言った、おまえさんはマドモアゼルを一人きりアトリエに残してきたのかい?
 ──いいえ、マダム、ピンチオがマドモアゼルにはついていました。
 私はロザリが全く大まじめでそう言っただろうと思う。けれども私は小さな気違いであるから、私の保護者を見失ってしまったのである。
[PR]
by bashkirtseff | 2007-10-27 10:23 | 1877(18歳)
<< 1877.10.28(Sun) 1877.10.24(Wed) >>