1877.08.18(Sat)

 私はホメエルを読むたびにいつも叔母をトロヤの火事のエキュウブ(ヘカベーの母)に比較しては怒られた。古典に傾倒することは、退屈なことであり、また自慢にならぬことであるかも知れないが、しかし古代の作家から受ける影響を脱することは出来ない。私たちはいつも同じことばかりを言ってはいられないし、また私たちが職業的称賛者の書いた物を口まねしたり、私たちの先生の言った言葉を繰り返したりすることをばしたくない。ことにパリではそういったようなことは話に出してはならぬ。
 けれども、どんな近代劇でも、どんな小説でも、どんな俗受けのする喜劇でも、例えばデュマでも、ジョルジュ・サンドでも、私にはトロヤ落城の叙述ほどに深い自然的な印象を与えて、それほど生き生きした回想を持っているのは一つもない。
 私は自分もあの恐怖に加わっており、あの叫び声を聞き、あの火を見ながら、プリアム(ヘクトルの父)の家族や、祭壇の後ろに隠れていた気の毒な人たちと共にいるような心持ちであった。そうして祭壇からは町を滅ぼす不吉な火の輝きが立ち上っているようであった。……
 そうして誰かクレウス(エネアの妻)の幽霊が出るところを読むとき、軽い戦慄(せんりつ)を抑えうるものがあるだろうか?
 しかし私はヘクトルがけなげにも城砦の下に出てアキル(アレキウス)に追われながら、三度町の周囲を駆けた時のことを思うと……笑いだしてしまう。……
 それからその英雄が、死んだ敵の足に革ひもを通して、同じ城砦の周りを三度引きずって歩いたことを思うと、私は、いたずら小僧が木馬に乗って、大きな木剣を振り回しているのを思い出す。……
 私はなぜだか分からないが、ローマより外では私の世界大の空想を満足させ得られるところはなさそうに思われる。……
 そこにおいては、あなたは文明世界の絶頂に立っているがごとく感じるでありましょう。
 私は Journal d'un Diplomate en Italie〔イタリア駐箚(ちゅうさつ)一外交家の日記〕を投げ出した。このフランスのしゃれ者は、この極端なる開明人は、この平凡なる称賛者は、ローマのことになると私を怒らしてしまう。フランス人はいつもその指と鼻眼鏡との間にきゃしゃに持たれている一つの長い道具で物を解剖しているように私には思われる。
 ローマは、都市としては、私が婦人として自分を想像していたようなものであらねばならぬ。以前にほかのもののために用いられた言葉は、われわれのことに使用されると、……それは冒涜になる。
[PR]
by bashkirtseff | 2007-02-14 07:30 | 1877(18歳)
<< 1877.08.19(Sun) 1877.08.17(Fri) >>