日付なし

 私は1時間半前から日課を始めようと思ってマドモアゼル・コリニョンを待っている。これは毎日同じことである。母様は私を非難するけれども、私がいらいらして、心の中ではどんなに怒っているかをご存じないのである。マドモアゼル・C…(コリニョン)は日課を遅らしては、いつも私に時間を空費させる。
 私は13である。こんなに時間を空費していては、これから先どうなるだろう?
 私の血は煮え立つ。色が青ざめて、血が一時に頭の方へ行く。ほほが燃え、心臓がどきどきして、もうちょっともじっとしていられなくなる。涙が心の上に重みをかけるから、それを抑えようとすれば尚と苦しくなる。これがために私の健康は損なわれ、私の気質は傷つけられ、私は性急で過酷になっていく。平和に生活をしている人たちは、それを顔で示している。それに私は刻一刻といら立たしくなっていく! 彼女が私から私の日課を盗むのは私から私の生命を盗み取るのである。
 16か17にもなったらば、もっとほかのことで気を取られるかもしれない。けれども今は勉強の時である。私は幸いにも尼寺に閉じ込められた小娘ではないから、世間に出たからと言って、気ちがいみたいになって華美の真ん中へ飛び込んで、何でも道楽者の言うようなことを信じて、数カ月後になって失望したり落胆したりするようなことはない。
 私は勉強が済むとすぐ踊りのこととか着物のこととかばかりを考えているように思われたくはない。私は日課がすむと、一生懸命に絵と音楽と歌うことをけいこする。私はこれらのものに皆才能があって、しかも非常によく出来る! ──これを書くだけでも慰めになる! 私はもうだいぶ気が静まってきた。こんなに苦しんでいると健康を損なうばかりでなく、気質や顔までも悪くしてしまう。怒ったときはほほが火のように燃え立つが、静まったときはもう新鮮でもなければ赤くもなくなる。私はいつも顔色をそういうふうに変えさせられているので、だんだんと青ざめてきた。そうしてこれはマドモアゼル・C…の罪である。私は顔がほてった後では少し頭痛がした。母様は私をしかって、英語が話せないのは私が悪いからだと言う。それがまた私には腹立たしい!
 あの人(公爵H…)がいつかこの日記を読むときがあったらば、愚かしいと思うであろう。ことに私の愛の公言を愚かしいと思うであろう。私はそれをあまりたびたび繰り返したので、それはほとんど効力を失ってしまったほどである。
[PR]
by bashkirtseff | 2004-10-07 23:17 | 1873(14歳)
<< 日付なし 1873.05.06 >>