1884.09.13(Sat)

 私たちは友達である。彼は私たちを愛している。彼は私を尊敬している。彼は私を愛している。私は彼に興味を持っている。彼は昨日私に向かって、私が1人で煩悶するのはいけない、私は自分を……非常に幸福だと……思わねばならぬ、と言った。どの婦人だって、彼は言う、それもごくわずかの年月の仕事で、私の得たほどの成功を得た者はないのだと。
 ──あなたは有名になりました。誰でもマドモアゼル・バシュキルツェフの名を口にします。すべての人があなたを知っています。全く真実の成功です! しかし、あなたは1年に2つサロンがあってくれると良いと思うのでしょう。早く来い、早く来いと!
 それは当然である。私は白状する。誰でも野心はあるから。私はそれを通過した。……等、等。
 そうして今日、彼は言った。
 ──私があなたと一緒に馬車に乗ってるところを見た者があるのです。私が病気だから良かったようなものの、そうでなかったら、私があなたの絵を描いてあげたなぞと言う人があるかも知れません。
 ──そういった者がすでにあるのです。建築家が言い添える。
 ──新聞にはない!
 ──それは、ないね。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 20:33 | 1884(25歳)
<< 1884.09.17(Wed) 1884.09.11(Thu) >>