1884.08.22(Fri)

 もうだめだ、彼は宣告された!
 建築家とここで宵を過ごしたボオドが、母にそう言った。
 ボオドは彼の親友である。彼はアルゼリから長い手紙を彼によこしたことがある。
 それを私は読んだ。
 それにしても、もうだめだ。
 そんなことがあり得るだろうか?
 しかし私は、この恐ろしい知らせが私の上に働いた結果をまだ解剖してみることが出来ない。
 これは新しい1つの感動である。死を宣告された1人の男を見るということは。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 18:31 | 1884(25歳)
<< 1884.08.26(Tue) 1884.08.21(Thu) >>