1884.08.21(Thu)

 私は終日歩き回って、ただ5時から7時まで馬車の中で仕事したきりである。
 私は私の描いている一隅を写真に撮らせる。歩道の線を極めて正確にするために。
 それをしたのは今朝の7時であった。6時頃には建築家が来ていた。私たちは皆して、私と、ロザリと、建築家と、ココと、写真師とで出かけた。
 彼の弟がいてくれるのが役に立つからというわけではない。ずっと陽気になるからである。私は身の回りに小さな幕僚を従えているのが好きだ。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 18:30 | 1884(25歳)
<< 1884.08.22(Fri) 1884.08.19(Tue) >>