1884.07.05(Sat)

 私はねずみ色の布で出来た心地よいローブを着る。胴衣は、首と袖口を除いては、何らの装飾もなく、アトリエでの仕事着みたいに作らせてある。古代風な蠱惑的なレースの大きな結び目のある理想的な帽子。それで私は、自分によく似合った姿を見て、しきりにジャンドル街へ行きたくなった。ただ少し早すぎるけれども。なぜだろう? そこへは単に友達として、崇拝者として、仲間としていかねばならぬ。彼が大病なのだから。
 で、私たちはそこへ行く。母は大喜びで、私の肩を叩いたり、私の美しい髪を話題にしたりする。──建築家は相変わらずがっかりした様子をしている。彼は記念碑のこと以来気抜けしたようになっている。そうして大画家の方は良くなりつつある。
 彼は私たちの前でブイヨンを吸ったり卵を食べたりする。彼の母が駆け回って、召使いの入ってこないようにそうしたものをすべて自分で持ってくる。彼の給仕をするのも彼女である。それに、彼はそうされるのを極めて自然だと思っていて、私たちの給仕をも平気で受けて、ちっとも怪しまない。彼の顔つきの話になって、誰かが彼はもう髪を刈らせなければならないだろうと言う。と、母は、息子が子供の頃には、また父が病気の時には、良く自分で髪を刈ってやったと話し出す。──刈ってあげましょうかね? 運が良くなりますよ。
 皆が笑う。でも彼はすぐそれに同意したので、彼の母は道具を取りに駆けていき、理髪にかかり、なかなか手際の良さを見せる。
 私もハサミで刈ってあげたいと言った。するとこの人は私に何かいたずらをされては困るという。それで私はサムソンとダリラ(サムソンの髪の中に彼の力が宿っていたのをダリラが誘惑して切ってしまったので以来この勇者は力がなくなった)に比較して仇を取ってやる! 私のこの次の絵で。
 彼は笑い出す。
 彼の弟も、元気が出て、ひげを刈り込んでやろうと申し出る。そうして少し震える手で、おずおずとゆっくりそれをつかみ取る。
 こうして彼の容貌を変えてしまうと、彼はもう病人らしい様子もないほどになった。母はうれしさで小さな叫び声を上げる。──やっと、私の息子になった、私の小さい息子に、私の大事な坊やさんに!!
 何という良い婦人だろう! 単純で、善良で、息子の偉さにあこがれている。
 彼らは善良な人たちである。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-05-19 15:19 | 1884(25歳)
<< 1884.07.14(Mon) 1884.07.04(Fri) >>