1884.05.31(Sat)

 ヴィルヴィエイユが来て、私は去年の褒状で大騒ぎをしたから賞牌は授与されなかったのだと私に告げる。そうして私が公然と審査委員会を愚物扱いにしたからだと告げる。……私がそう言ったのは、本当である。……
 私の絵は多分大きさにおいても、新味においても、欠けるところがあるのだろう。もしそうでなかったら、「つどい」は傑作になったであろう。傑作に第3の賞牌なんかを期待する者があろうか? ボオドの写真版は論文を付して掲載され、その中で、私の賞牌のないのを見て一般の観衆は失望させられたと言っている。……私の絵が乾燥無味だとある?! しかし同じことがバスティアンについても言われている。
 M…の肖像が私の絵より良いと言いうる者がこの地球上にあるだろうか?
 ムッシュ・バスティアン・ルパージュは彼の「ジャンヌ・ダルク」のために8票を得た。ムッシュ・M…は賞牌を得た。そうしてその傍若無人のM…は28票を得た。私に過ぎることまさに20票である! 良心もなければ、公平もない。──要するに、私はいずれを信ずべきであるか? 私は絶対に戸惑いさせられてしまう。
 私はH…が来たので、このユダヤ人に、自分ががっかりしていないことを示してやるために降りて行った。
 私はいかにも満足そうな、攻勢的な態度を取って、写真のこと、版画工のこと、買い手のこと、その他のことを話し続けていると、このイスラエルの子なる彼はついに決心して、どこまでも私と交渉を重ねたいと言い出す。……たとえ私は賞牌は得ないけれども……ああ! ……──私はあなたのパステル(アルマンヂイヌ)を買いましょう。それから笑っている赤ん坊の顔を。2点! 彼はその取引をヂナに処理してもらおうとして、彼女に向かって話しかけている。──でも私たちはこの男をエミル・バスティアンの方へ回す。彼に金銭上の問題をば取り扱ってもらうように。私ははなはだ満足である。
[PR]
by bashkirtseff | 2012-01-28 14:55 | 1884(25歳)
<< 1884.06.01(Sun) 1884.05.30(Fri) >>