1884.05.27(Tue)

 おしまいだ。私は何にも得ていなかった。
 これは恐ろしく腹立たしい。私は今朝まで希望をつないでいた。そうしてもしあなた方がどんなものが授賞されたかがお分かりになったら!!!
 なぜ私は意気阻喪しないのでしょう? 実に不思議なことです。──もし私の絵が良いのなら、なぜそれは受賞しないのか?
 でたらめ……とも言えよう。
 いずれにしても、良いのになぜ授賞されないようなことがあるのか? 私はいろんな情実のあることをも知らない。上品なお嬢さんとして取り澄ましていたくはない。けれども私には思われる、良いものに与えられて……
 さてそれなら、それは悪いからか? いや、ちっとも。
 私は自分に対しても鑑賞眼は持っている。……また他の人に対して意見を持っている! そうして40の新聞紙にも!
[PR]
by bashkirtseff | 2012-01-28 14:44 | 1884(25歳)
<< 1884.05.29(Thu) 1884.05.26(Mon) >>