1884.04.30(Wed)

 災禍は完成するまでには至らない。なぜなら「ゴロワ」は私のことをたいそう良く言っている。私だけに短評がしてある。それは「ゴロワ」のヴォルフと言われるフウルコオの書いたものであって、非常に気が利いている。「フィガロ」と同日にサロンに関する一つのプランを発表して現れている「ゴロワ」は、同等か、でなければほとんど同等ぐらいの勢力を持っているものと私には思われる。
 やはり展覧会号を発行している「ヴォルテエル」は、「ゴロワ」同様に私を取り扱っている。そうしてそれが主要記事をなしている。
「ジュールナル・デ・ザール」(「美術新誌」)もやはり、展覧会の鳥瞰(ちょうかん)記事を発表して、私を引用している。「ラントランシジャン」でも、展覧会号で、私を同様に優遇している。その他の諸新聞紙も、追々それぞれ相当の記事を掲げるであろう。展覧会がふたを開けたその日の朝にそれだけのことをしたのは、「フィガロ」に、「ゴロワ」に、「ヴォルテール」だけである。
 私は満足か? これに答えることは簡単である。満足でもなく、不満足でもない。……
 自ら慰むるに足りないというほどではない、ちょうどその程度に私には満足である。それきりのことだ。
 私はサロンから今帰ってきた! 私たちは正午にやっと会場へ行き、そうして閉場前1時間の、5時までもそこにいた。──私は偏頭痛がする。
 私たちは長い間絵の前の長いすに座り込んでいた。
 大勢が絵を眺めている。私は、それらのすべての人たちが、きちんと格好良く靴を履いた、実に可憐な足を示しながら、そこにそうして座っている美しい少女が、その絵の作者であることを決して知ろうともしないであろうと考えて、笑っていた。
 ああ! 去年とは趣を異にした良い出来栄えである、すべての点において!
 これは成功なのか? 真実の、真剣の意味において。もちろん? ほとんどそうだと言える。
 ブレスロオは2つ肖像画を出した。私はその一つをしか見なかったが、かなり驚かされた。それはマネの模倣であって、その点が私には気に入らない。これには以前ほどの力強さがない。さて、私の言っていることはおそらくひどすぎるかもしれない。と言って、そんなことを私は気にかけはしない。どっちにしても、私は不満足である、否である。まだいくらでも余地はある。けれども、私はそうあることの方をずっと好んでいることを告白する。
 バスティアン・ルパージュは、去年の小さな絵をしか出していない、鍛冶場を。
 それは鍛冶場の薄暗い中にいる年老いたる一人の鍛冶である。これは方々の博物館にあるすすけきった小さな絵画同様の良い出来栄えである。彼はまだ絵を描くほど十分に健康体になっていない。あのかわいそうな建築家は悲しそうな様子をして、彼は水へでもはまってしまおうと言っている。
 私もやはりもの悲しい。そうして私は、自分の絵、自分の彫刻、自分の音楽にもかかわらず、そうしたすべてのものにかかわらず、私は自分に嫌気がさしているのだと思う。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-07-13 17:41 | 1884(25歳)
<< 1884.05.03(Sat) 1884.04.29(Tue) >>