1884.03.19(Wed)

 私はセーブルである果樹園を見つけ出した。そうして非常に疲れて、8時近くなってようやく帰った。大勢で晩さんを取る。
 昨日はロシアの芸術家のクラブで、仮投票が行われた。私が満場一致で入選した。
 クレールはバスティアン・ルパージュに会いに行ったという1人の紳士に会ったところ、バスティアン・ルパージュは大層悪かったとのことであった。その翌日、この紳士は医師と落ち合った。医師は言った、──あの人は重病です。しかし私はリウマチ(底本:「レウマチス」)だとは信じません。ここの(胃の辺をたたきながら)病気なのです。でも彼は本当に病気なのだろうか? ……彼は両3日前に、彼の母親を伴ってブリダアへ行ったばかりなのに。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-09 22:45 | 1884(25歳)
<< 1884.03.22(Sat) 1884.03.16(Sun) >>