1884.01.16(Wed)

 建築家(弟のバスティアン)は私に向かって、彼の兄の数多い画案の中に「ベツレヘム(底本:「ベトレエム」)の牧人たち」があると話した。
 この2日間私の頭は働いている。そうして私は今日の午後、非常にはっきりしたひとつの幻影を作り上げることが出来た。──そうだ、ベツレヘムの牧人たち。──崇高な主題である。そうして彼ならそれをさらに崇高に描き出すだろう。
 そうだ。私はその幻影を実にはっきりと描いた。そうして私の印象はそれらの牧人たち自身のそれにのみ比べられるようなものである。聖なる熱烈さと完全なる敬神の念である。
 そうだ。2時間か3時間の間、私は驚嘆の念から狂せんばかりの恋に落ちていた。と言ったからとて、あなた方にはその意味は分からないでしょう。
 彼がそこへ神秘を、愛情を、偉大なる単純さを取り入れるであろう一切のものを、あなた方は感知することが出来るでしょうか? 彼の作を知る者にして初めてそれは思い描いてみることが出来るのであって、その効果は牧人たちの中にも何らかの形となって再び生まれ出るだろうと思われる。「ジャンヌ・ダルク」と「村の夕(ゆうべ)」との間にある神秘的なそうして夢幻的な連絡が分からなければ駄目である。でもあなた方は、自分が見たものでもなく、そうしてそれはまだ世の中に存在しているのでもないような絵に対して、私が情炎を燃やして有頂天になっているのが了解されないでしょう? 私は大多数の者にこっけい視されたからとて構わない。2、3の夢想家のみが私と一致するであろう。そうして必要に応じては、私は大多数者を看過してしまう。
 「ジャンヌ・ダルク」はフランスにおいては理解されなかった。アメリカにあっては皆がその前に拝跪(はいき)した。「ジャンヌ・ダルク」はその結構とその情緒とから言ってひとつの傑作である。
 パリでその評判は聞かるべきであった。そうでなかったのは恥辱だ!
 が、要するに、幾多のフェードル、幾多のオーロールに匹敵するほどの成功すらも、可能だろうか? かつ……一般はミレーを、ルソーを、コローを愛したではないか! 公衆は彼らがはやり出すと彼らを愛した。
 私たちの時代の恥辱とも言うべきは、有識者の不誠実である。彼らは、この芸術は真剣なものでも高尚なものでもないと、信じているような風をして見せる。そうして彼らは「諸大家の伝統を追随する人たち」をば称揚する。そうした推論のばからしさを主張したり説明したりする必要があるだろうか? それでは高尚な芸術とは何であるか、もしも魂をも、御霊をも、生活をも、同時に描いて、いわば私たちが手に触れて見る思いのするように、肉や、髪毛や、着物や、樹木をば完全に残るくまなく描き出すのが芸術でないというならば? 「ジャンヌ・ダルク」には高尚な芸術味がない。なぜなら、彼は彼女において百姓女を示しているから。そうして真っ白い手もしていなければ武器も持っていないからと言う。
 否。彼の「村の恋」は「ジャンヌ・ダルク」に劣る。それを愚劣な、あるいは邪悪な批評家たちは、前者を褒めて彼をばひとつの専門の中に閉じ込めてしまい、百姓たちを描いたところの彼が、ほかのものを描こうとして、ジャンヌ・ダルクのごとき歴史的百姓女を描いたと憤慨している。

 偽善者なるパリサイ人らよ!
 なぜと言って、要するに、その何人たるを問わず、私たちはすべて、肉をこそ描くのである。しかし私たちは、誰かよく彼のごとく、内なる物を、神聖なる霊感を描き得よう。彼を除いて、誰が? しかし誰もない。彼の肖像画を目にすると、私は作中の人物の人生を見ることが出来る。私は彼らをば見知っているような思いがする。私はほかの絵の前に立ってこうした印象を得ようと努めてみた。そうして私にはそれが得られなかった。
 あなた方は画題として、通りすがりに透き通るような生気に満ちた目で、あなた方を見る少女よりも、ジェーン・グレイ(レディ・ゼエン・グレイ、大逆罪で死刑にされたイギリスの貴婦人/1537-1554)とかバジャゼエ(トルコのスルタン/1347-1396/初に勝ち、ついに敵陣で倒れた)とかを選ぶ人がありますか?
 この比類なき芸術家なる彼が持っているものは、芸術家たちが描きかつ信仰していた時代の、イタリアの宗教画の中でなければ見いだされないものである。
 田園の夕べに、ただ1人、非常に澄み渡った空の下に立っていると、神秘的な感情に迫られて、無限への向上で心のかき乱されるのを感じる、といったようなことは、かつてあなた方にはなかったでしょうか? 何か非常な大事変を待ち設けているときのように、何となく超自然的なものが感じられるといったようなことは? そうしてあなた方は、思わずも未知の世界へ連れて行かれてしまうような、そうした様々な夢想を抱いたことはかつてなかったでしょうか? ……
 そうでなかったら……あなた方には決して分からないでしょうから、私はブグローのオーロールなり、カバネルの歴史画なりをお求めになることを勧めます。
 こう言うのもすべて、親愛なる天使よ、あなたに小バスティアンの天才をば熱愛せよといわうためではありませんか?
 そうです。
 それならよろしい、おやすみなさい。アーメン。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-03-06 21:49 | 1884(25歳)
<< 1884.01.20(Sun) 1884.01.14(Mon) >>