1884.01.08(Tue)

 ヂナは良くポーズする。しかし彼女はポーズしているのだとは感ぜず、そうして動きはしないのだけれども、一切を変えてしまうようにさせている何ものかがある。私は体をもっと余計動かす女の方が10倍も好きである。と言っても、正しいポーズを時々また見いださせてくれるのでなければいけないが。……おお、でも……要するに、理由なんかどうでも良い、ただうまく進まないのである。それっきりである。……
 そうして私がこの不運に屈しないものだから、それは恐ろしい苦闘に変わって、私を弱らせる。憤怒の念は、その外観が異常に落ち着き払っていて、動作が病人のようにのろいにもかかわらず、実はすべてをぶち壊し引き裂いてやりたいと思う狂乱のいらだたしさに駆られる程度に達している。
[PR]
by bashkirtseff | 2011-02-25 21:58 | 1884(25歳)
<< 1884.01.14(Mon) 1884.01.05(Sat) >>