1883.10.06(Sat)

 あの親切な、あの善良な、あの卓越したロベール・フルリが、私の絵を見に来る。親切な、善良な、卓越した! そうした彼が私に酷評を下さなかったことはお分かりになるでしょう。最初の言葉はこうであった、──これは非常に良く出来ている。
 私はすぐ彼を遮った。
 ──否、ムッシュ、もしあなたが私に程良い挨拶をして下さるのでしたら、私はありがたくはありません。あのこわいジュリアンは、皆が私には手加減をして言っている、私は何にも知らない、などと申しています。
 ──いや、ごめんなさい、マドモアゼル。私はいつもあなたを本当に真面目な生徒として、全く真剣に労作している方として、扱って来たのです。
 ──ムッシュ・ジュリアンは、私が何にも知らない……などと申しています。
 ──そうしてあなたは彼のからかいを真に受けていらっしゃるのですね?
 そう言ってこの快活な人は、私の人の良さを心から笑った。……
 最後に彼の言ったところはこうである。──これは非常に良く出来ている。特別に良く出来た部分がある。(私は言葉通りに引用しておく。)私にもおそらく到底これ以上に良くは描けないだろうと思われるような部分がある。右手の子供と、前景に後ろ向きになっている子供は、申し分はありません。──しかし背景は右側を明るくする必要があります。そうすると、多分私の描いた子供たちの全体の効果が非常に良くなるであろう。私は子供たちにはもう手は加えないつもりであるが、ただ2つの目だけはもっと黒くなくしなければならぬ。
 これは2時間の制作である。
 私は狂喜すべきはずであっただろう。でも私は狂喜しない。と言うのは、私の卓越せる師の意見に、私は興していないから。私はもっと良く描ける。……私の仕上げたものが、では、良く出来ていないと言うのか? 充分とはいかない。……私はこれ以上に良く見ている。私は見ている通りに描くべきであった。
 一般の観衆は何と言うであろう? これは注意をひくだろうか? どうして分かるものか? 彼はこれが良いと思っている。ニースへは送るな、パリで発表するため取っておけ。──彼はこれが良い出来だと言う。良いというのは比較的な言葉である。そうして私は比較的な良さなんかをこの作で欲していはしない。これは他の画家のものとしてなら良い出来である。しかし私にとっては、しかし全人類にとっては? これは力強いものであるか? 彼は小さな人物の背中は完全に描けていると思っている。ズボンを通してそのかわいい両足が感じられると彼は言った。それはしっかりと地に立っていて、そうしてすべてが……
 彼は多分、私が解剖学以上の悪知恵を絞ったものとでも信じているのだろう。
 私は何にも考えないで自然を写したのである。かつ、私には、才能は無意識的なものであるということが思えるのである。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-11-24 21:35 | 1883(24歳)
<< 1883.10.06(Sat) 1883.10.01(Mon) >>