1883.06.18(Mon)

 気を付けて下さい! 小さな出来事ではありますが。今日の午前11時に、ヌウヴォ・タン(サンクトペテルブルク)の通信員に面会を許した。彼はそれを手紙で私に乞うてきていたのであった。これは非常に大きい新聞である。そうしてこのムッシュ・B…は他の通信員らの間に伍して、パリにおける我が国の画家たちに関する通信を送っている。で、「あなたは画家の間でもすぐれた地位を占めておられる」のだから、どうかよろしく。
 ああ! ああ! 私は降りていく前に、しばらく彼を叔母に任せておく。叔母は私の若さのことや、私を良く見せかけるようなことを残らず話して、私の入っていくまでの用意をする。彼は私の絵をすっかり見てから、ノートを取る。──私はいつから始めたのか? どこで? 何歳の時から、そうしてどうした方法で? その他さまざまな細事にわたって問う。……私は今や大新聞の通信員が研究しようとしている芸術家である。
 これは1つの手始めである。そうして私がそれに値している表彰である。そうして……。どうぞ記事が良く出来ていてくれたら。私はノートが良く取れたかどうかを確かには知らない。と言うのは、そんなことを聞いてみることは出来ないし、それはかなり嫌なことであったから。
 何もかも言ったのは叔母とヂナとであった。……どんな風にその記事は出るか? 私は憂慮をもって待っている。……それにしても15日くらいは待たねばなるまい。
 みんなはことに私の若さを強調した。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-08-02 07:57 | 1883(24歳)
<< 1883.06.21(Thu) 1883.06.16(Sat) >>