1883.06.16(Sat)

 さて、私はバスティアンの諸作から「傑作」の資格を撤回する。なぜ? なぜなら、彼の「村の恋」は私に身の毛をよだたせるから。あるいは、なぜなら、私は自分の意見には勇気を持たないから? 死んだ者でないと尊敬されない。もしミレーが生きていたら、何と言われているだろう? それに、ここではミレーのは6点きり見られない。私たちはルジャンドル街へ行ったら、この6点に匹敵するほどの作品を見いだせないだろうか? 「パ・メエシュ」1。「ジャンヌ・ダルク」2。「弟の肖像」3。「村の宵」4。「乾草」5。私は全部は知らない。彼はまだ死んでもいない。バスティアンはカザンほどにミレーの息子になりきってはいない。後者の方がずっと余計彼に似ており、また……若くもある。バスティアンは独創的で、彼自身である。誰でもきっと最初は何か少しずつ人のものを取って描き出す。しかし個性は次いで後から出るようになる。それに、詩とか、力とか、魅力とかいったようなものは同じものであるから、もしそれを探し求めるのが模倣になると、きっと絶望するに決まっている。人はミレーのごとき絵の前に立つと、ある生き生きした印象を受ける。またバスティアンのごとき絵の前に立つもやはりそうである。……これは何を証拠立てるか?
 皮相な人間は模倣と言う。それは間違っている。異なった2人の役者が同じ仕方で感動させうる。真実で、人間的で、張り詰めた感情は常に同一であるから。
「エタンセル」に私に関して全く感謝して良い10行ばかりの記事が載っている。私は著名な画家で美しい娘で、そうしてバスティアン・ルパージュの弟子だとある。いたずら!
 私はサン・マルソーのところで、エ・ルナン(イエス伝の著者/このとき60歳)の胸像を見た。そうして昨日は辻馬車に乗って通っているルナンを見た。私はすぐに彼と知ることが出来た。
 確かにそこには類似があった!
[PR]
by bashkirtseff | 2010-07-31 07:51 | 1883(24歳)
<< 1883.06.18(Mon) 1883.06.15(Fri) >>