1883.04.30(Mon)

 私はバスティアン・ルパージュと話す幸福を持った。
 彼は彼のオフェーリア(ハムレットの女主人公)を私に説明してくれた。すてきだ!
 彼は平凡な才能を持った芸術家ではない。彼は1つの仕事を一般的に絶対に理解している。彼がそれについて私に話したことは心の最奥から出たものである。かくのごとく芸術を理解して、彼が感じるごとくにそれを感じることは、誠に美しいことである。オフェーリアは彼の目においては気違いの娘ではない。── une misérable d'amour〔愛の薄命なるもの〕であり、無限の幻滅であり、憂苦であり、絶望であり、すべての終末である。──狂乱の特質をもった愛の薄命者である。もっとも感動的な、もっとも悲哀的な、もっとも絶望的な形である。……
 私はそれについて気違いのようになっている。天才は美しい! この小さい人間が天使よりも美しく魅力に満ちているように思われる。人は彼の話を聞きながら、彼の崇高な制作を学びながら、生涯を終わりたいとも思うであろう。要するに、彼は非常に率直に話す。彼は聞かれたことに対して答えた、「私は自然の中に多くの詩を見いだします。」──それは率直な誠実な語調で、私は名状すべからざる魅力に打たれた。
 私は誇張している。私は自分で誇張しているのを感じる。しかし要するにその中には何物かがある。
 それから私たちは一緒に外へ出た。そうして別れる前に、私たちは皆出会って1つの愉快な瞬間を持った。カロリュス、トニー・R・F、ジュール・バスティアン、エミル・バスティアン、キャリエ・ベリューズ(底本:「カリエエ・ベリュウズ」)、エデルフェルト、及びサン・マルソー。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-07-09 08:10 | 1883(24歳)
<< 1883.05.01(Tue) 1883.04.29(Sun) >>