1883.03.30(Fri)

 今日私は6時まで仕事をした。6時にはまだ日の光があったので。バルコンの戸を開けると教会の鐘が聞こえた。そうしてたて琴を弾きながら春の空気を吸った。
 私は落ち着いている。私は良く仕事が出来る。それから体を洗って白い着物を着た。私は音楽を少しして、今書き物をしている。静かで、満足で、部屋の中は私の手によって満足に整頓されて、何でも手の届くところに並んでいる。こんな風に生活していくことは好ましいことである。……幸運を待ちながら。そうしてもしそれが実現されるならば、私は1年のうち2月はそのために犠牲にしようと思う。そうして残りの10カ月は部屋に閉じこもって仕事をしようと思う。……その上、問題の2カ月を得ることが唯一の方法である。私を苦しめるものは、私は結婚しなければならないだろうということである。結婚すれば私は今逃れることの出来ないこの虚栄の卑しい不安はなくなるであろう。
 なぜ、彼女は結婚しないのだろう? ──私は25に見えるという人がある。──私は腹立たしくなる。──1度結婚したら、……そうだ、でも誰と? もし以前のように健康になれたら、……しかし、その人は親切で優しい人でなければならぬ。私を愛する人でなければならぬ。なぜと言うに、私は全く構ってくれない人と結婚するほど金持ちではないから。
 このことにおいて、私は自分の心をまるで考えていない。人はすべてのものを先見することは出来ない。そうしてそれは……おそらく、そんなことにはならないであろう。……私は今こんな手紙を受け取った。

 バレエ・デ・シャンゼリゼ、美術展覧会、フランス芸術家協会にて。
 マドモアゼル、
 私は今審査員室のこの机で書いています。あなたのパステルの首は審査会で実際に成功しました。私はあなたに祝意を表します。あなたの絵が非常に良く受け入れられたことは別に言う必要はありません。
 今年はあなたにとっては真の成功です。私はそれを喜んでいます。
              敬意ある友情をもって
                   トニー・ロベール・フルリ。

 本当かしら? ああ! ああ! それから? ……手紙はここにピンで留めておこう。これから数日私はこれを人に見せる必要があるだろう。あなたは私が喜んで気違いになると思いますか? 私は非常に落ち着いています。もちろん私は大きな喜びを経験する資格はありません。こんなうれしい知らせが届いたときでも、私は何もかも当然に思われるような心持ちになっていましたから。そうして彼らの方から私に知らせてくれるのであるから、それはすべての価値を失う。もし私がブレスロオかあるいは他の娘へこんな手紙が行ったことを知ったなら、私は特別にもだえるでしょう。それは私が自分の得られないものにのみ価値を置くというわけではなくて、それは特別の控えめからである。私には信念がない。もし私がそれを今のままに信じたならば、私はあまりに満足していたであろう。それ故に、私は「そんなことはあり得ない、それはあまりに良すぎるから」と心配する人のように用心深くなっている。……私はあまりに早くうれしがることを恐れている。……そうしてささいなことに関しても。要するに、……
[PR]
by bashkirtseff | 2010-06-30 08:04 | 1883(24歳)
<< 1883.03.31(Sat) 1883.03.27(Tue) >>