1883.03.15(Thu)

 さて、いよいよ済んだ。3時にはまだ描いていたけれども。皆が来たので、私は何もかもよさねばならなかった。──マダムとマドモアゼル・カンロベエル、アリス、ボジダアル、アレクシス、公爵夫人、アブマ、マダム・カンシイヌ! それからトニー・R・Fは午前中に来た。この連中は皆村の恋の絵を見にバスティアンのところへ行った。──果樹園に1人の若い娘が後ろ向きになって頭を垂れて片手に花を持っている。彼女は垣根に寄っ掛かっている。垣根のこちら側には若い男が前面を見せてその目を下げて自分の指を曲げながら眺めている。それは染み渡るような詩であり、また細やかな感情である。
 仕上げといったようなものについては、そこには何にもない。それは自然そのものである。マダム・ドルエの1つの小さい肖像がある。──ヴィクトル・ユーゴーの老いたる天使のごとき番人がある。──それは真理、感情、類似の1つの奇跡である。それらの絵は離れて見ても互いに類似してはいない。それらはあなたの目の前を通り過ぎる生きた人間である。彼は画家ではない。彼は詩人である。心理研究者である。哲学者である。創造者である。
 隅の方にある彼自らの肖像は1つの傑作である。それはしかし彼の全力を注いではいない。というのは人はこれ以上のものは出来ないが、私たちは彼に対して大作を期待する。すなわち何人も彼の天才を拒むことが出来ないような高さに到達することを期待しているからである。
 後ろから見た娘の弁髪を2つ足らして手に花を持っているところは、1つの詩である。
 何人もまだバスティアンのごとく生活の現実の中に突き進んだものはなかった。何物もこれ以上に称賛すべき人間的なものはない。自然的な大きさは彼の絵の真実をさらに有力にしている。あなたは彼と比較するために何人をあげようと思いますか? イタリア人ですか? あの宗教的なまた習俗的な題目の絵を描くイタリア人ですか? その中には崇高なものもあります。けれども決まって機械的であります。そうしてまた……その絵はあなたの心、魂、気分を動かしません。それではエスパアニュ人ですか? 輝いていて、かつ魅力に富んではいる。それともフランス人ですか? 輝いて、戯曲的で、またアカデミックなフランス人ですか?
 ミレーとブルトンは言うまでもなく詩人である。けれども、バスティアンは同時にすべてのものである。彼はすべてのものの王である。単に彼の奇跡的な仕上げによってのみならず、また彼の強い感情の深さによって。観察をこれ以上押し進めることは不可能である。そうして観察の才は、バルザックが言ったごとく、人間の天才のほとんどすべてである。私は今床に座って、寝床に入る前にこれを書いている。私は何もかも話さねばならないように感じていた。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-06-25 08:11 | 1883(24歳)
<< 1883.03.22(Thu) 1883.03.14(Wed) >>