1883.02.24(Sat)

 あなたもお分かりの通り私はいつもバスティアン・ルパージュのことで頭がいっぱいになっている。私はこの名前を発音するのに慣れてしまった。そうして私は罪ある者のごとく世間の前でそれを発音するのをはばかっている。そうして私が話すときは、私には彼の才能を思うと自然に見えるような優しい親しみの心持ちで話す。しかしそれは悪く取られたかも知れなかった。
 何という残念なことでしょう、私の神様、彼が彼の弟のように訪ねてこられないことは!
 それで私はどうすればよいのだろう? でも友達である! なぜ! あなたは友情というものを理解しませんか? ああ! 私は有名な友達をば尊敬する。ただ虚栄心からのみではなく、趣味によって彼らの品質、彼らの才気、彼らの才能、彼らの天才から。彼らは一人種をなしている。平凡な境地を通った後では、さらに純粋な空気の中に、選良の人たちの間に到達するのである。そうして人は互いに手をつなぎ合わして輪舞をする。……私は何を言っているのだろう? 実際バスティアンは愛すべき頭を持っている。
 私は私の絵が彼の絵に似はしないかと心配している。……私は自然を非常に忠実に写している。それは自分でも知っている。けれども私は彼の絵のことを考えている。……のみならず、自然に対して忠実な気分でそれを写そうとする才能ある芸術家は皆バスティアンに似てくるだろう。
 同じ早さでもし行ったなら……4、5日のうちには仕上がるだろう。そうだ、けれども……
[PR]
by bashkirtseff | 2010-06-22 08:05 | 1883(24歳)
<< 1883.02.25(Sun) 1883.02.22(Thu) >>