1882.06.24(Sat)

 話がまとまって、私たちはリュ・アンペールのオテルを借り入れた。私はシャン・ゼリゼの家を見捨てるのが悲しい。何だか物を失ったような気持ちである。今度の家は広い地下室に台所と玉突き部屋があって、階段を10段上がると1階で、大きな玄関が付いていて、美しいガラス戸を開けると前部屋で、そこから上の部屋に通ずる階段がかかっている。右手の部屋からドアを開けると客間があり、その部屋に隣った1つの小さい部屋は庭に続いている。食堂があって、中庭には馬車が入るようになっていて、その馬車道へは客間からも、食堂からも降りられるようになっている。
 2階には5つの寝室にそれぞれ化粧部屋が付いて、浴室が1つある。3階は私のもので、前部屋と2つの寝室と、書斎と、アトリエと、物置部屋がある。アトリエと書斎とは長さ12メートル、幅7メートルの大きい続いた部屋になれるようになっている。
 光線は3方と上から来て立派である。要するに私は仮オテルとしてはこれ以上のものを望まない。さて、それでは! それでは! 何だか非常に遠くなったような気持ちがする。マドレエヌから馬車でブールバール・マルゼルブ(底本:「ブウルヴァル・マルセルブ」)を通ってくると10分かかる。実際、ここはリュ・アンペール30番地で、リュ・ブレモンティエ(底本:「ブレモンチエ」)の片隅になっていて、私たちの家はアヴニュ・ド・ヴィイから見える。
 さて、これからどうしますか? まず一番に何よりも嫌な引っ越しがあります。私の今静かに暮らしている部屋を見捨てなければなりません。……
 ああ! 困ったことだ! けれども仕方がない。もう公証人のところで署名してしまったのである。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-04-30 08:04 | 1882(23歳)
<< 1882.06.30(Fri) 1882.06.23(Fri) >>