1882.02.27(Mon)

 多くのちゅうちょと疑惑の後で、私は自分の画布を皆破いてしまった。そうして子どもたちは……良く座らなかった。それで失敗をば私自らの無能に帰して、何度も何度もやり直した。そうして最後に運良くもまとまった。恐るべき小さい化け物たちは、動き回ったり、笑ったり、泣いたり、つかみ合ったりした。それで私は構図に仕上げるのは苦しくて望みがないから、1枚の習作を忠実に描いてみようとしている。私の企てたすべては、私を非常に喜ばした末に、24時間たつと、こわばった、粗野な、不器用な、気取ったものになってしまった。……その上、簡単な習作を描いた方がどのくらい良いか知れない。私は今危機に臨んでいる。そうしてどんなに時間を空費していることだろう! ビアリッツ、病気、1カ月の滞在!
 私はこんなに気違いのようになって、絵を描こうと焦らないで済めばよいのだが! 私はブレスロオを賞讃したウォルフの文章でたたきつぶされなかったらばよいのだが。……しかし私を再び立たせるものが1つある。それは非常に良いと認められる制作をすることである。けれども! ……
[PR]
by bashkirtseff | 2010-04-14 07:53 | 1882(23歳)
<< 1882.04.20(Thu)... 1882.02.19(Mon) >>