1882.01.13(Fri)

 コクラン兄弟は見事であった。客間は美しい光景を呈した。きれいな女たちがたくさん来ていたから。──第1に、魅力ある trio〔3人組〕が来ていた。すなわちジャンヴィエ・ド・ラ・モットの娘なる公爵夫人ド・ルヴェルソオと、マダム・トウヴヌルと、及びマダム・ド・ジョリ。それから公爵夫人ド・ケスレル。……彼らは皆ほとんど優劣のない美人である。要するに、トニーの言ったように、皆「似合わしいお客様」であった。トニーはジュリアンと同じようにこの席へ来なかった。マダム・Gは非常に喜んで、最後に伯爵プラテとワルツを踊った。
 初めに正餐(せいさん)が出た。
 芸術家の方では、バスティアン・ルパージュの弟の方がやはり見えなかったので、彼も来なかった。(木曜日に私たちは本当のバスティアン・ルパージュを訪ねることになっている。)来た中ではジョルジュ・ベルトランがあった。彼は去年見事な De Drapeau〔軍旗〕を出品した。私は手紙にそのことを書いた。すると彼は丁重な返事をよこした。私は招待状にポオリイヌ・オレル(サロンに出品したときの仮名)と署名した。彼を私に紹介したのはポラックであった。喜ばしいことに、彼は私にお世辞をたくさん言ってくれた。私は自分の習作を見せないようにしまってあったけれども、ヂナがそれを持ち出したのである。カリエ・ベリュウス(彫刻家)は宵の間は私の目には気力を失って見えたが、夜が更けてから Gloriae Cupido〔光栄のどん欲〕の表題の残酷を主張するときには、だいぶ気が和らいで、感傷的になっていた。
 その青年は恋をしそうな人である。あるいはすでにしているのかも知れない。彼は明らかに Gloriae Cupido を見ている。──そうしてほかには、何にも見ていない。
 3時に晩さんが出た。ガブリエルが私の右に座って、その他ほとんど60人ほどいた。ニニは美しく、見事な肩をしていた。そうしてきれいな着物を着ていた。ヂナも母様も叔母も皆きれいな着物を着ていた。私はドウセエと私とで一緒に作ったほとんどグルーズ(底本:「グリユウズ」)の「壊れた甕(かめ)」の写しともいったような上衣を着て、巻き毛をうなじの上のたぶさに小さく付けて、ベンガルのバラの長い鎖がはかまのひだの間に隠れたり花びらを見せたりした。はかまは短い、ひだの狭い、絹モスリンで、見事な繻子(しゅす)の胸囲は前に広いレースが付いて、腰にひだがあって、先が細くなっていないで、飾りが斜めに付いている。下ばかまはモスリンで、繻子のへりが付いて、前が開いて、後ろにひも穴があってかごのように膨らんで、その中にバラを入れた。私は美しく見えた。ポオテエンの嫌な助手は私を踊らせまいとして影のように付きまとった。 コクラン兄弟は見事であった。客間は美しい光景を呈した。きれいな女たちがたくさん来ていたから。──第1に、魅力ある trio〔3人組〕が来ていた。すなわちジャンヴィエ・ド・ラ・モットの娘なる公爵夫人ド・ルヴェルソオと、マダム・トウヴヌルと、及びマダム・ド・ジョリ。それから公爵夫人ド・ケスレル。……彼らは皆ほとんど優劣のない美人である。要するに、トニーの言ったように、皆「似合わしいお客様」であった。トニーはジュリアンと同じようにこの席へ来なかった。マダム・Gは非常に喜んで、最後に伯爵プラテとワルツを踊った。
 初めに正餐(せいさん)が出た。
 芸術家の方では、バスティアン・ルパージュの弟の方がやはり見えなかったので、彼も来なかった。(木曜日に私たちは本当のバスティアン・ルパージュを訪ねることになっている。)来た中ではジョルジュ・ベルトランがあった。彼は去年見事な De Drapeau〔軍旗〕を出品した。私は手紙にそのことを書いた。すると彼は丁重な返事をよこした。私は招待状にポオリイヌ・オレル(サロンに出品したときの仮名)と署名した。彼を私に紹介したのはポラックであった。喜ばしいことに、彼は私にお世辞をたくさん言ってくれた。私は自分の習作を見せないようにしまってあったけれども、ヂナがそれを持ち出したのである。カリエ・ベリュウス(彫刻家)は宵の間は私の目には気力を失って見えたが、夜が更けてから Gloriae Cupido〔光栄のどん欲〕の表題の残酷を主張するときには、だいぶ気が和らいで、感傷的になっていた。
 その青年は恋をしそうな人である。あるいはすでにしているのかも知れない。彼は明らかに Gloriae Cupido を見ている。──そうしてほかには、何にも見ていない。
 3時に晩さんが出た。ガブリエルが私の右に座って、その他ほとんど60人ほどいた。ニニは美しく、見事な肩をしていた。そうしてきれいな着物を着ていた。ヂナも母様も叔母も皆きれいな着物を着ていた。私はドウセエと私とで一緒に作ったほとんどグルーズ(底本:「グリユウズ」)の「壊れた甕(かめ)」の写しともいったような上衣を着て、巻き毛をうなじの上のたぶさに小さく付けて、ベンガルのバラの長い鎖がはかまのひだの間に隠れたり花びらを見せたりした。はかまは短い、ひだの狭い、絹モスリンで、見事な繻子(しゅす)の胸囲は前に広いレースが付いて、腰にひだがあって、先が細くなっていないで、飾りが斜めに付いている。下ばかまはモスリンで、繻子のへりが付いて、前が開いて、後ろにひも穴があってかごのように膨らんで、その中にバラを入れた。私は美しく見えた。ポオテエンの嫌な助手は私を踊らせまいとして影のように付きまとった。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-03-31 07:59 | 1882(23歳)
<< 1882.01.15(Sun) 1882.01.11(Wed) >>