1881.11.29(Tue)

 さて! もう2週間も続いている。多分まだ2週間くらいは続くことだろう。
 マダム・ナシュが今日スミレの花束を持ってきてくれた。私は皆に会う通りに彼女に会った。なぜと言うに、絶えず熱が出て、左の肺が充血している。実は肋膜炎である。それに、発疱膏を2つもはってあるにかかわらず、私はまだしょげていないで、普通の人の通りに立ち歩いている。けれどもキナ塩のために私はつんぼになっている。この間の晩私は時計の音が聞こえなくなって、死ぬほどびっくりした。それに私はまだたくさんそれを用いなければならない。
 それさえなければ、私はかなり丈夫なような気持ちになれる。またもしこの2週間何にも飲み下すことが出来ないというようなことさえなかったら、私は自分が病気だということも気がつかなかったに相違ない。
 それさえなかったら、仕事も出来れば絵も描けるだろうに! 今日は11月の29日である。12月の末まで私は始めることは出来ないだろう。2カ月半では十分と言えない。何という不幸だろう。不幸に生まれたらいくらもがいても仕方がない! 私にとっては、絵は一種の避難所であった。しかるに近ごろでは時々耳の聞こえないことがある。この結果はモデルに対して甚だ不都合で、絶えず不安があり、自分の弱点を知らせるのでなければ絶対に肖像画は描けなくなった。そうして私にはまだそれだけの勇気がない。それに、この病気のため、私は仕事をすることが出来なくなって、1カ月は家に閉じこもっていることが必要である。実際、大変なことになってしまった。
 ヂナは私のそばを離れない。彼女は本当に優しい娘である!
 ポオルと彼の妻が昨日着いた。カヴィニ家の人たちも来た。ゼリも、ボジダアルも、アレクシスも。私は気を張って、絶えず冗談とやせ我慢で病気を紛らわしている。……
 来ている医者たちが私の冗談の材料を供給してくれる。ポオテエンは自分でいつも来るわけにいかないので、毎日よこされる医者をよこしてくれた。
 それで私は面白がって、気違いの娘のように振る舞っている。下らないことを言っていられるのも、それ故である。
[PR]
by bashkirtseff | 2010-03-19 07:53 | 1881(22歳)
<< 1881.11.30(Wed) 1881.11.26(Sat) >>