1881.11.21(Mon)

 ドクトル・ポオテエンが水曜日に呼ばれて、今日来た。その間に私は死んでいたかも知れなかった。
 私はまた南に行けと言われることをよく知っていた。私は歯を食いしばって、声を震わして、涙を抑えるのに骨が折れた。
 南へ行くことは負けることである。それに家族の迫害を思うと、どんな場合にも私は自分の名誉を保つことが怪しくなる。旅行するのはアトリエのすべての虫けらどもに打ち勝たせることになる。そうして皆は言うだろう。「あの人は病気で、南の方へ連れて行かれた!」
[PR]
by bashkirtseff | 2010-03-16 07:40 | 1881(22歳)
<< 1881.11.22(Tue) 1881.11.17(Thu) >>