1881.10.29(Sat)

 ついに私はラランブラ(アルハンブラ──グラナダの北郊丘上にあるモオル人の古い城塞)を見た。私はこの最も美しき場所に長く滞在することをわざと避けたのである。一つにはグラナダが余りにも好きにならないために。また一つには私たちを連れて歩く案内者がそばにいると、私の芸術的享楽が破られるから。けれども私はいつかまた見直そうと思っている。
 塔から見たグラナダの美はまことに賞賛すべき完全なものである。雪で覆われた山々、巨人のごとき樹木、繊細な花と灌木、透明な空、それからこれらの自然の美の中で、日光を浴びているグラナダの白い家々、モオル式の城壁、ゼネラリフの塔、及びラランブラ! ……また海のごとく遠くに見える広い地平線。実際、これが世界で一番美しい景色になるには、海だけが欠けているのである。宮殿そのものはその美において幻想的である。
 モオル風の服装は言うまでもなく最も絵画的なものである。またその卓越した織物の壮大な美に及ぶべきものは決してない。私はその特殊の宮殿を歩きながら、昔のボアブディル(グラナダ最後のモオル人種の王、1481年(#1460?)に生まれた/底本:「ボアブヂル」)やその部下の人たちのことで頭がいっぱいに満たされている。
 午後小さい街路で私は1枚の写生をした。描き上げたとき私は壁に「アンドレエこれを描く、1881年」と書きつけた。しかし絵の右側の陰影の調子が暖かすぎて光の強さを奪っているのが気になった。今日は極めて寒く、指先がしびれて、日向に暖まりに行かねばならぬほどであったことを知ってください。それがために私はここに滞在している勇気がなくなったのです。私は外気では仕事ができないから。実際なぜ私はここで苦しんでいなければならないのでしょう? 日が暮れると恐ろしいほど退屈して、堅い寝台の上で眠ることもできないで、食べるものと言っては日中の肉汁の一皿と肉の一片と、朝はコーヒーの一杯きりなくて。しかしよい秀作を1枚持って帰りたく私は思っている。……
[PR]
by bashkirtseff | 2009-12-27 17:00 | 1881(22歳)
<< 1881.10.30(Sun) 1881.10.28(Fri) >>