1881.08.14(Sun)

 夕べはよく眠れなかった。今朝はまだ痛みがやまない。後ろの方までも。息をする度にそれは悪魔になる。そうして咳をする度に悪魔が2つになる。ああ! 私はどんなに丈夫だろう。本当に、どんなに丈夫だろう。
 今私は絵を投げだそうと決心した。しかしどれだけの時間を失ったことだろう!
 一カ月以上も。
 ブレスロオはどうかと言うに、彼女の賞状に励まされて、すべてがなだらかに進んでいるに相違ない。私はどうかと言うに、翼を挟まれて、信用を失ってしまった。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-10-29 07:37 | 1881(22歳)
<< 1881.08.18(Thu) 1881.08.13(Sat) >>