1881.06.13(01)(Mon)

 私はある百姓の娘を描き始めた。等身大で、木の枝で手かごのように編まれた垣根に寄っ掛かって立っているところを。
 私の部屋のしけりを防ぐために板とわらとが床に置かれて、取り外しの出来る小さい天蓋(てんがい)が取り付けられた。それで非常に居心地が良くなった。母とポオルとニニと父とミセルとヂナとスペランヂオがそこで1日の幾時間かを過ごす。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-10-12 21:24 | 1881(22歳)
<< 1881.06.27(15)(... 1881.06.06(05.2... >>