1881.06.04(Sat)

 ジュリアンの手紙によると、トニー・L・Fは母の家から無蓋(むがい)馬車で帰ったために炎症を起こして急に生死の間を彷徨(ほうこう)しているということである。ジュリアンは彼がすでに駄目になったかのごとく悲しんでいる。恐ろしいことである。85歳の父親のことは別としても、母親を失いはしないかとトニーは恐れている。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-10-12 20:04 | 1881(22歳)
<< 1881.06.05(Sun) 1881.06.01(Wed) >>