1881.05.16(Mon)

 ジュリアンのところへ行って、長い間まじめな話をした。彼は私がロシアへ行くのは愚だと言った。──医者は南へ行けと言うのに、あなたは北へ行くのですか? 彼はこんな賢明なことを私に言って、私を感動させた。そうして彼は自分の利害で言っていると思われたくないので、私にパリを去って田舎へ行って、終日暖かいところで空気と日光に包まれて仕事をしたら良いだろうと言った。そうすれば夏は人物を配した大きな風景画が描けるし、冬はアトリエの中で仕事が出来るであろうし、するから全く違った2通りの絵を送ってよこすことが出来るわけだと言った。
 そうすれば私は誰の足跡をも歩まないで済むはずである。バスティアンの足跡も、ほかの人の足跡も。(それはあなたの歩む足跡ですよ、ブレスロオ。)私は自分自らに対して忠実でなければならぬ人間の1人である。要するに、ジュリアンは私のことを良く思ってくれて、良い忠告を与えてくれて、励ましの言葉を惜しまない。けれども彼は非常にまじめであるから、私は服従している。私はほとんど隠すところなく彼に話す。彼はそれが気に入っているように私には思われる。
 しかし良い絵を描くためには自分のことを注意するのが必要である! 私はそれを知っている。この人は明白な言葉で私がロシアへ行くことは家族の希望であるかも知れないが行かない方が良いと忠告した。「家族の方だって後では後悔なさるでしょう。」──彼は母が私を迎えに来た時に、彼女の感情を害するかも知れない危険を冒してそれを言いだした。もしそれが私の心を損なうとしたらばどうするつもりであろう! ああ! 私は有り難く思っていない。……けれども私は自分のことを注意せねばならぬ。私はアルヴァルへ行って、そこに5週間滞在しているうちには、7月になるだろう。それからフォンテーヌブロー(底本:「フォンテンブロオ」)の森で1カ月を過ごそうと思う。……否、6月の15日までパリに残っていて、それから1カ月をフォンテーヌブローで送って、時々仕事を見てもらいにパリへ出て、8月の20日頃パリに帰って、衣類の用意をして、9月1日にビアリッツへ行って、そこで1カ月ほど暮らして、ここに帰って自分のことを適当に注意しながらまた仕事を続けようと思う。
 ロシアなどは悪魔の方へ行ってしまえ!
[PR]
by bashkirtseff | 2009-05-28 19:31 | 1881(22歳)
<< 1881.05.20(Fri) 1881.05.15(Sun) >>