1881.03.24(Thu)

 私は寝台の下に歴青のつぼを発見した。これはロザリが私の健康を心配してある占い者の忠告に従って置いたものである。私の家族はこの機転を召し使いとして甚だ感心なことだと思っている。母はことに感動している。けれども私はその中の水を寝台の下のじゅうたんの上に返して、ガラス窓を1枚壊して、仕事部屋で寝た。腹が立ったからである。
 それは私の着物を乾燥することと同様にうるさいことである!
 私の家族は私が自分で寒い目を見ているのは深い考えがあるごとく想像している。それは非常にうるさいので私は時々布団を掛けないでいることがある。すると彼らはいくら言っても駄目だという証拠にそれをしてしまう。おお! この人たちは私をどこまで怒らせるのだろう。……
[PR]
by bashkirtseff | 2009-02-19 14:26 | 1881(22歳)
<< 1881.03.29(Tue) 1881.03.20(Sun) >>