1881.02.19(Sat)

 トニーは私が大変に良く運んでいるという。彼は私に1つの良い教訓を与えてくれた後で、A…のを見てやったが、ほとんど何も言わないで当惑したような様子をしていた。彼は、彼女に人物の正しくないのを少し変えさせたいと思っているらしい。
 彼女は顔を真っ赤にして、いつものように話しかけたりしないで、自分の席に腰掛けて熱病にかかったような風で仕事を続けた。その間にトニーの天使は自分の絵のところへ帰った。それを良く見た上で、トニーはいろいろの暗示を与えて私を励ましてくれた。そうして私のが大変良くできていると何度も繰り返して言った。
 私は非常にうれしくなって、ジュリアンの冷淡を忘れてしまった。けれどもそれはやはり私を悩ます。
 この10日ばかりの間私は毎日祖父様と母様と、それから私の家族のことのみを夢に見続けている。そうして私はほとんどいつも明くる日に会う人たちのことを夢に見ているか、でなければ夢の中で毎日の仕事を続けているかして、夢なしに眠ることは決してない。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-02-17 14:11 | 1881(22歳)
<< 1881.02.22(Tue) 1881.02.18(Fri) >>