1880.12.01(Wed)

 アトリエを出て私はマダム・ド・Dを訪ねて、一緒にリュ・セール12番のマドモアゼル・ユベルティーヌ・オークレール(底本:「ユウベルチイヌ・オオクレルク」)のところへ行った。今日は水曜日である。私たちは呼び鈴を3度鳴らしたけれども効果がなかった。それでまた下へ降りて門番に話していると、そのとき1人の若い婦人がその下宿屋に来た。私たちは何ということなしに立ち止まった。私はすぐにその人であることを知った。
 門番は私たちを呼び返した。するとマドモアゼル・オークレールから私たちへ上へ上がるようにと案内があった。"Droits des Femmes──siège social."〔婦人公法──事務所〕こんな文字が戸口に書かれてあるのが、その若い婦人のまだ見えないうちから、私に熱心な発作を与えて、私はマダム・ド・Dの首にしがみつくような風をした。
 事務所は非常に簡単で貧弱で無装飾である。彼女は火をおこして、暖炉の前に腰掛けると、マダム・ド・Dがその右手に、私が左手に掛けた。私の同伴者が話を始めた。それで私は、私たちの権利を勇敢に保護してくれた婦人の前に出て非常な感動を抑えることが出来ないと述べた。マダム・ド・Dはフランス人であるが、イギリス人、ノルスコットの未亡人である。私は外国生まれであるが、フランスで人となって、Pauline Orelle と呼んでいる。私の秘密の目的はユベルティーヌの肖像をサロンのために描くことである。私は自分の手に対しては Daria という仮名を用いている。甚だかれんで、かつ甚だ簡単な名前である。これはロシアの洗礼名である。実際彼女は絵に描くに良さそうである。──暗色の、むしろ汚れた顔をして、やや赤い小さい手と、小さい足をして、挙動も言葉も非常にきれいである、同情があって、愛想が良くて、声の抑揚もそれほど著しくない。彼女は私たちにプログラムとパンフレットとを1つ与えた。私たちは握手をして、彼らに加盟して、また訪問することと毎月25フランの会費を払うことと集会に出席することを約束した。
 ──それでは! 来週の水曜日の8時に。
 私は友情を持って彼女に、革新反対派の主要点、講演に出席する婦人たちの醜と老と奇怪とは、彼女の敵でないと言った。「だって、あなたは若くてきれいですもの。」
 私は満足した。まだ満足はしない。なぜと言うに、それは悪くならないとも限らないから。何事でも悪くならないと限っているだろうか? 私たちは見ていましょう。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-02-07 13:44 | 1880(21歳)
<< 1880.12.05(Sun) 1880.11.27(Sat) >>