1880.10.01(Fri)

 私たちのところへ訪ねてきたロシアの人たちが、私にロシアの出来事を話してくれた。その人たちの長女は、試験の日に大公が見えるというのに、大公の訪問を受けるよりも試験を早く通過したいと言ったために、警察の厳重な監視の下におかれたという。別の日に彼女は近視眼だから鼻眼鏡を掛けていると、女が眼鏡を掛けるのは新思想の証拠だと言って警察に呼ばれたこともあった。一語のために追放されたり、毒殺されたり、流刑に処せられたりする。警官が夜家宅捜索をして、それほど危険でない場合にはヴャトカ(底本:「ヴィアトカ」)あるいはペルミ(シベリアに近きロシア東南地方/底本:「ペルム」)へ送り、危険の場合にはシベリアあるいは絞首台へ送るのである。ロシアではどの家族でも、流刑に処せられたりとか絞首されたとかあるいは少なくとも監視の下におかれたとかしない者が1人でもある家はないということである。探偵組織が完全に行き渡って、自分の家で話しても、親類同士で話しても、官憲の耳に達しないで済むことは決してない。
 気の毒な国である。ある時私は自分がそこへ行かないことをひきょうだと自ら責めたことがあった! しかし行くことは可能であろうか? 社会主義者は殺人や奪略を行う凶漢どもである。政府は専横でかつ愚妹である。この2つの恐るべき分子が互いに争って、賢明な人たちはその間に押しつぶされている。その娘は2時間ほど話した後で私に向かって、私の言った10分の1のためだけでも私は監獄に入れられるか首を絞められるかするだろうと言って、もし私がロシアへ行けばそれきりだと言った。
 それでも私はもしその美しい国の人民の権利が相当に重んぜられて、そこで有用な人間となることが可能になって、また「検閲がやかましすぎる」と言ったために流刑に処せられるようなことがなくなるならば、行ってみようと思う。
 こんなことを思うと心が躍動する。私は社会主義の害悪をも政府の害悪と等しくこれを憎むものであるが、公明正大な自由党を作ることは一体可能なことであるだろうか?
 ああ! もし私の絵のことさえなかったら、……
 おお! フランス人は自分たちが幸福でも自由でもないと言って不平を鳴らす! 今では恐怖時代のフランスにあったと同じことがロシアにも行われている。手1つ動かしても、言葉1つ発しても、人は命を失わねばならぬ。ああ! 人は相当に幸福になりうる前に、まだまだしなければならぬことがいくらもある!
 「われわれは今女を解放しようとしているが、」少デュマは言う、「それが終わればわれわれはさらに進んで神を解放するように試みねばならぬ。そのときはこの3者、すなわち神、男、及び女の間には完全な理解ができて、われわれは一層明瞭に見ることが出来、一層確実に進むことが出来るであろう。」
 婦人問題はもっとも忌むべき問題の1つである。人はこの問題以外のすべてのものは進んだと思う時は、気抜けのしたような心持ちになる。デュマの小冊子 Les Femmes qui Votent et les Femmes qui Tuent〔投票する夫人と棄権する夫人〕を読んでみなさい。デュマの偉大なる才能もこの小冊子においてはもはや私を感動させない。もっとも、男ははるかにまだ高い地位を持っていて、女に対して強力であるけれども。しかし大体から見るとその中には相当によい点もある。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-01-31 18:08 | 1880(21歳)
<< 1880.10.02(Sat) 1880.09.29(Wed) >>