1880.07.17(Sat)

 私は田舎へ行きたいと思っていた。誰もいないような本当の田舎へ。しかしそれさえも物足りない。真の幸福は時々人の住まぬ田舎へ引き込むことにあると思う。例えば、ポールとヴィルジニー(ベルナルダン・ド・サン・ピエールの物語の主人公と女主人公)のいるような大きな珍しい木の生えた島なぞへ。そうして太陽を見たり、絶対の静けさの中でただ1人で夜を楽しんだりしながら。未開の土地、高い木々、透明な空、日光でめっきされた山々……想像もつかないようなそれ自らで幸福とも言うべき空気、私たちがここで呼吸している憂うつの代わりにそんな空気のある所。……しかしそんな生活のためには金がなければならぬ。私は自分の孤独を分かつために愛する男を持ちたいというようなことは考えない。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-01-22 13:28 | 1880(21歳)
<< 1880.07.21(Tue)... 1880.07.16(Fri) >>