1880.01.17(Sat)

 医者は私のせきは神経性のものだという。そうかも知れない。なぜと言うに、私は風邪を引いていない。また咽喉も痛めていなければ、胸も痛めていないから。私はただ呼吸が苦しくて、右側にむずがゆさを感じるのみである。だから11時に私は帰ってきた。舞踏会に行かれないくらいならば、ひどく病気になって倒れても良いと思いながら。私は着替えた。美しくなった。……
[PR]
by bashkirtseff | 2009-01-07 13:45 | 1880(21歳)
<< 1880.01.20(Tue) 1880.01.05(Mon) >>